購入から現在までの軌跡


96年7月に購入した'96Golf3GT MT RHDに関する出来事や
車社会の事などについて僕が感じた事、思った事等が書かれています。


99年8月

 8月は県内のゴルフ乗り3人でオフミをやりました。若干の連絡ミスにより3人が同時に集まれませんでしたが、それでも僕はそれぞれの方とお会いし短いながらも楽しい一時を過ごすことが出来ました。次回は一応11月を予定しています。

 ポリラックなる物を購入しました。これは何かと一言で言うと艶出し剤でしょうか。家具の艶出しや床磨きにも使え、自動車に使うとワックスとして使えます。乾きが早いので、作業が楽に進みます。普通の自動車用ワックスでは全体に塗り終わってから拭き取りをしますが、ポリラックではボンネットを塗り終われば、すぐに拭き取れる状態になります。また塗る時に使用したスポンジを水で洗ったところポリラックは水溶性のようでした。その為ワックスの持ちがどれくらいか気になりましたが、意外に持ちは良いようです。

 洗車時に鉄粉取り用の粘土を使ったのですが、これが意外にすぐれ物でした。今まで取るのになかなか苦労していたピッチやタールなども綺麗に取ることが出来ました。良いですよ、これ。

 累計走行距離数49,896Km 累計燃費10.82Km/l



99年7月

 ゴルフを買ってから3年が経ち、初めての車検を受けました。前月には自分でやれる箇所・エアフィルター、ポーレンフィルターを自分で交換しています。また、エンジンオイルは約半年ごとに交換し、オイルフィルターはオイル交換2回につき1回交換しています。それ以外の箇所について、市内の外車を専門に扱っている整備工場に車検をお願いしました。車検は3〜4日かかると言われていたので次の日に「終了しました」と電話が来た時は、意外に早いなと感じました。

 さて、請求書はこうなっています。

24ヶ月定期点検及び基本作業料 

25,000円

エンジン基本調整及び測定

4,600円

オルタネータ及びエアコンリブドベルト取替パワステ
ポンプVベルト取替(ベルトカバー脱着) 

4,200円

ブレーキ清掃組替及びブレーキフルード入替

8,200円

下回り及びエンジンルームの汚れスチーム洗浄

7,000円

検査機器による検査料及び車検代行料

6,000円

消費税

3,340円

重量税

37,800円

印紙代

1,100円

値引き

-40円

小 計

109,000円

自賠責保険

27,600円

総 計

136,600円


 車検が終わってからボンネットを開けたらとても綺麗になっていました。以前が相当汚かったのですね。だいぶ雑巾などで汚れを取ったつもりなのですが、洗浄してもらったらかなり綺麗になりました。

 累計燃費では先月より少し向上しているのですが、車検後に燃費が若干悪化しています。たぶん暑くなったのでエアコンを使う頻度が多くなったためだと思われますが、もしかすると車検でエンジン調整したのが、何か影響を及ぼしているのかも知れません。この件についてはもうしばらく様子を見てみます。

 ギヤをバックに入れてステアリングを切るとガキッと音がするようになりました。これは車検を受ける前にも鳴っていたかは定かではないのですが、車検を受けた整備工場に問い合わせてみる予定です。

 累計走行距離数48,214Km 累計燃費10.82Km/l



99年6月

 7月に車検が切れるのでその対策を考えなければならなくなりました。自分でできることはなるべく自分でやり、ブレーキ関係やエンジン調整、ブレーキフルード・LLC交換などちょっと自分の技術力でできない箇所は整備工場に頼もうと考えてます。以前にCo-Buyで買っておいたエアーフィルターとポーレンフィルターをまず交換しました。ポーレンフィルターはゴルフ購入後初めての交換だったのですが、ものすごく汚れていました。もう真っ黒で「こりゃー、空気の流れが悪そうだなー」と感じました。後はエンジンプラグの状態を確認する予定です。

 12日にBLUE LION弘前でプジョー206のデビューフェアがあったので覗いてみました。冷やかしだけならちょっと悪いので、参考までに206XT(5ドア、右HD、5MT)の見積もりとゴルフの査定をしてもらいました。206XTの見積もりは基本的に値引き無しで227万5千円プラス購入時点での自動車税だそうです。納車時期は206XTで最も早く納車できるプラチナグレーの車体色でも9月だそうです。ブルー系は更に納車が遅れるそうです。やはりフランスのナショナルカラーだからでしょうね。

 ゴルフの査定は「社長が今いないので正確には言えませんが110万円くらいです」との事。「年式、グレード、ミッションなどから見て標準で120万円くらいですが、左側のバンパーの傷や、過走行で10万円ほど減額になります」と言われました。ちなみに過走行とは年間12,000Kmが標準で、それを越えると1,000Kmに付き5,000円ほど減額になるそうです。

 206の見積もりまでしてもらいましたが、やはりゴルフの車検を取って10年乗ります。ってここに書いておかないと買い換えそうな自分が怖い(^_^;車検見積もりは概算で15万円くらいだそうです。でもセカンドカーとして206があれば楽しいだろうな。

 累計走行距離数46,702Km 累計燃費10.81Km/l



99年5月

 ヘッドライトが切れてしまい、取り替えを余儀なくされました。切れたのは左側でエアコンの配線の為にただでさえ取り替えにくいのに、ボッシュラリーストラーダ(ホーン)をヘッドライトの後ろ側に付けているので、まずそれをずらさないとなりません。レンチを使いホーンをずらし、ヘッドライト裏側のプラスチックカバーを取ろうとしても、相変わらずすぐには取れません。まるで知恵の輪です。ガチャガチャやってやっと交換出来ました。ここまで約20分。右側だと簡単なのにな〜。ドイツじゃエアコン付ける人って少ないのでしょうか。

 左側を取り替えた次の日、なんと右側が切れてしまいました。信じられません。こうなったら、より明るいランプが良いだろうと「FET」製の「CZB05」という55Wで120Wクラス相当の明るさの物を付けてみました。付ける時間は前回やったので、だいぶ慣れてて両側一緒にやって10分ほどでできました。しかしこの120W相当というやつの信憑性はいかほどなのでしょうか。少しは明るくなったと感じますが50Wの倍以上という感じはしません。宣伝につられるこちらもこちらですけどね。

 燃費が少し上向いてきたのが嬉しいです。11.00Km/lを越えられるかな。

 累計走行距離数45,667Km 累計燃費10.80Km/l



99年4月

 ゴロゴロとうるさいスタッドレスタイヤ(ミシュランマキシグラス2、以後MG2)から、夏タイヤ(ミシュランSX-GT)に交換しました。MG2はインテグラで1シーズン、ゴルフで3シーズン使用していた事になります。合計4シーズン、距離にして約2万Kmを走ってみた感想を書きます。なおMG2を使用する前にはブリジストンのブリザックPM-20を使用していました。また、仕事で使っている車にはブリザックMZ-01かMZ-02が履かされています。感想は主にこれらとの比較になります。

 さて4年前にPM-20が減ってきたため、スタッドレスタイヤの買い換えの必要に迫られていました。それで雑誌や人づてなどで情報を集めました。大体MG2かMZ-01に絞られてきたのですが、最終的にはある雑誌の比較記事を参考にしてMG2に決めました。ただしその記事にはきちんとMG2の名前が出ていたわけではないのですが、文脈から判断するとMG2をベターチョイスと言っているようだ、と僕が判断したのですが。

 実際にMG2で初めて雪道を走った感想は「怖い」でした。こいつは失敗した、正直言ってすぐにでも履き替えようかな、と思いました。それほど怖かった。しかしすぐには良さが分からなくても、雑誌でベターチョイスと言っているのだから何か良い所はあるんだろう、とそのまま我慢してしばらく乗り続けることにしました。

 4シーズン乗ってみての感想ですが、高速域と雪無しのアスファルト路面を走っている時にはブリザックより勝っていると思います。ゴムブロックがしっかりしているように感じます。しかしミラーバーンや積雪路など通常の冬道の走行パターンでは、総合的にブリザックが勝っていると思います。

 次シーズンは、ブリザックMZ-02を買います。

 累計走行距離数43,910Km 累計燃費10.76Km/l



99年3月

 さて、2月の続きです。前月まででロック・アンロックが出来るようになっていました。あとはハザードランプを点滅させようと考えていたのですが、ちょっと難しそうだったのでポジションランプを点滅させることにしました。

 伝言板にも書き込んで行って下さった、ニフティで知り合った人ことTsunokawaさんに、取り付けの詳しいやり方をメールで教えてもらったのですが分かりません。それで配線図をファックスで送ってもらいました。Tsunokawaさん本当に色々とありがとうございました。その結果、ついにポジションランプをロック・アンロック時に3回・1回と点滅させられるようになりました。「嬉しーーー!!」

 以下に自分がやったやり方を説明します。車種は'96ゴルフ3のGLiです。純正キーレスエントリーからツーフィットのキーレスエントリーへの交換です。
 純正の受信機は後部座席の下にあります。そのコネクターには

番  号

 1 

 2 

 4 

 5 

 6 

 7 

 9 

コード色

黒白

青黒

茶赤

茶白

赤白

黄黒

機  能

ACC

LOCK

+12V

+12V

+12V

GND

UNLOCK

(注:コード色が2色あるのは前が全体色、後ろが細い色です)

のコードが来ています。それでこのコネクターを外し電源取り出しコネクターを使って電気を分岐させます。
 そして、ツーフィットの受信機のコードをつなげます。

番  号

 1 

 2 

 4 

 5 

 6 

 7 

 9 

コード色

黒白

青黒

茶赤

茶白

赤白

黄黒

受信機の

コード色

 

 

 

赤、緑、緑白

紫白

 ここまでやるとリモコンを使って、ロック・アンロックが出来るようになります。

 ここからポジションランプを点滅させるようにするには、僕の場合受信機からの灰色のコードをサイドシルに押し込み、ヘッドライトスイッチの所まで持ってきました。そして、ポジションランプの配線につなげたのですが、左右が別回路になっているのでそれぞれにリレーをつなげなければならない、とアドバイスを頂きました。表を使ってなるべく簡単に説明します。

 リレーはエーモン製No.1243を2個使用しました。このリレーの特性は青と黒がソレノイドになっていて、ソレノイドに電流が流れると赤と黄のコードが内部でつながるようになっています。

HLSW番号

コード色

機  能

 

9

GND

11

赤黄

+12V

6

灰赤

PL右

14

灰黒

PL左

受信機

 灰 

   

   

   

   

リレー右

 青 

 黒 

 赤 

 黄 

   

リレー左

 青 

 黒 

 赤 

   

 黄 

 (注:HLSW=ヘッドライトスイッチ、PL=ポジションランプ)

を縦のラインで接続すると、リモコンをロック・アンロックした際に、ポジションランプがそれぞれ3回・1回と点滅するようになります。車からちょっと離れた場所からでもちゃんと確認できるので、とても便利になりました。それに純正から換えて受信機の感度がとても良くなりました。近くにいればバキュームポンプから結構大きな音がするので、必要がないと言えば必要ないんですが。

 以上、ここに書いたことは正確を期すように務めましたが、間違いがないとは言い切れません。装着してみたい方は、必ずテスター等でチェックしてから配線して下さい。

 累計走行距離数42,484Km 累計燃費10.76Km/l



99年2月

 純正リモコンの電池がほとんどなくなってしまいました。そのまま電池を替えてしまっても純正リモコンは感度が悪いので、以前から購入を検討していたTO FITと言う会社が輸入販売元のキーレスエントリー、商品名を「リモコン ドアロッキー」なる物を購入しました。

 さて、キーレスエントリーの受信機を自分で取り付けなければなりません。ヘッドライトのリレーの取り付けくらいならやった事がある(それも車種専用のキットだった)のですが、+12VやGNDなんか図面を見ながらの作業ってのは初めてです。それで、これがけっこう難しい(^_^;テスターを買ってきてチェックはしてみたものの、ACCをGNDと間違えたり、違う線をGNDと間違えたりと一筋縄では行きません。ニフティで知り合った方からアドバイスを頂き、電圧を計ったり、電気抵抗値を測定したりと試行錯誤の連続でした。

 何日かゴルフの中にこもって格闘し、やっと受信機をつなげることができました。こういうことに慣れている方には簡単でも、ほとんど初心者同様の僕にはとても大変でした。しかしアドバイスを受けたとは言え、自分でやったという満足感は他に代え難いものがあります。「やったぜーーー!!」っていう感じです。

 前から調べていたとおり、TO FITのキーレスの感度はとても良いです。純正では何回やってもロック・アンロックができず、頭にきたことがそれこそ数限りなくあったのがウソのようです。それにしても純正のリモコンは感度が悪かった。フォルクスワーゲンジャパンはもっとちゃんとした物を売りなさい。こういう細かな仕事が雑なんだなー

 あとこのキーレスエントリーはリモコンをロック・アンロックした時にハザードランプをそれぞれ3回、1回と点滅させることができる設計になっているので、それを作動させることができるようになれば完璧です。3月中には完成させたいと思って今もゴルフと格闘中です。結果はもうしばらくお待ちください。
 続く。

 累計走行距離数41,037Km 累計燃費10.76Km/l



99年1月

 走行距離が40,000Kmを越えました。めでたい、めでたい。また一つ区切りを越えました。次はめざせ、50,000Kmです。

 1月初旬の後半に青森県は猛烈な寒波に襲われ、気温は常に氷点下。雪は絶え間なく降り積もる。というふうな、まったくもって家から一歩も出たくない日が続きました。しかし、宮仕えの悲しさ、1月8日に青森市への出張が命ぜられました。

 弘前市から青森市に行くには、浪岡町大釈迦か青森空港近辺を経由します。大釈迦はたいてい混んでいるので、いつも通り青森空港方面に向かいました。青森空港方面に行くと、青森空港有料道路(近いが片道200円)と、昔からある集落を通過する道路(ロハだがちょっと遠い)の二つがあります。昔からある道路のほうは雪が降ってないときならまだしも、雪が降っているときには有料道路料金200円を節約しようなどと考えてはいけません。下手すりゃ事故ります。地面から巻き上がる雪、いわゆる地吹雪によって前がまったく見えなくなる事があるのです。今まで何度か、危険な目にあった時がありました。そこで当日私は今までの経験から、これは有料道路を通過しなければならない、と考え代金200円なりを支払い有料道路を通過しました。

 ところが少し行ったところで大問題が発生していたのです。空港から浪岡町、青森市へ行く坂道は融雪パイプが内蔵されているのですが、なんと大雪により融雪が間に合わなくなっていたのです。そのため青森市側から空港方面に行こうとしている大型車が、スリップにより登れず大渋滞が発生していたのです。普通に考えれば青森市側から空港へと上がってくる車線だけ混んでいるのではと思うのですが、なぜかその反対側も混んでいました。

 その結果、雪道でも普通であれば1時間強で行けるところが、なんと3時間半もかかってしまいました。シートが良いと言われるゴルフですが、若干腰痛持ちの僕にはまさに苦痛以外の何物でもありませんでした。乗っている間中、腰が痛くて痛くてたまりませんでした。

 累計走行距離数40,156Km 累計燃費10.77Km/l



1998年分はこちらです。

1997年分はこちらです。

1996年分はこちらです。