僕のゴルフが普通のと少し違う所



 ○エアフィルター

 アクセルレスポンス改善も少し期待してCOX製スポーツエアフィルターに交換しました。「荒目と細目を組み合わせたポリウレタンフォームと独自のフィルタートリートメントシステムで吸気エアーの99%を清浄化する」とあります。残りの1%はどうなるのかちょっと疑問ですが(^_^;。クリーニングとトリートメントコーティングを行うことにより、繰り返し使用できるようです。


 ○フットレスト

 左足がどうも落ちつかないのでゴルフの本を読んで探したらありました。COX製の右ハンドル、マニュアル用のフットレストです。クラッチを踏み込んでも足が引っかからないよに、オートマチック用より幅が狭くなっています。
 取り付けは本体プラスチックに穴を開けてボルトで止める構造になっています。僕の場合はさらに両面テープを使って補強しています。
 取り付け後は左足で踏ん張れるようになりとても良いです。


 ○ヘリカルショートアンテナ

 95年式まではGTIとVR6の特別装備だったルーフアンテナが、96年式からは全てのゴルフに標準になりました。格好は良くなったのですが感度は少し悪くなったようです。またタワーパーキングでは引っかかる事もあるようです。ということで長さが短いヘリカルショートアンテナを取り寄せて取り付けました。
 取り付けはただネジを回すだけなのでだれでも出来ます。感度についてはかなり期待していましたが、津軽地域を走っている分には、あまり効果はないと思います。。


 ○カップホルダー

 ドイツでは運転しながらジュース等を飲む習慣が無いということを聞いたことがあります。ゴルフもご多分に漏れずジュースホルダーが付いていません。(ついにゴルフ4には標準で付くようになりましたが)長距離を運転するときなどは付いていないと喉が乾き、とても不便です。それでカップホルダーを付けました。
 取り付ける箇所はドアポケットで、材質はゴルフの内装に似ているプラスチック製で素材感もぴったり合います。ただし僕の場合は少しカタカタ音が出て、スポンジを挟んで音を止めました。サイズは250mlと350mlのどちらも上手く合うようになっています。本数は片側2本づつ両側で4本置いておけます。


 ○ロックボルトM12×1.5

 これはアルミホイール盗難防止用のボルトです。ただし純正のゴルフ用のホイールのボルトが当たるテーパー部は曲線になっているんですが、これは直線になっています。そのためホイールをきちんと締め付けることが出来ない可能性があります。
 また純正ボルトは1本50gですが、これは1本80gなのでホイールバランスが崩れるようです。そういう訳で現在は使用していません。


 ○マスコットボールノブ

 ゴルフボールの形をしたドアノブです。
 ただのおもちゃのように見えますが、純正よりつまみやすいという機能性もあります。でも実際にはほとんど触らなくても用は済むんですが。


 ○マイクロロン

 4,000Kmを走った所で2回目のエンジンオイルとオイルエレメントの交換をした後にこれをエンジンに投入しました。パンフレットには「エンジンの寿命を延ばし、部品の磨耗を防ぎます」等々の文句があります。
 ただゴルフは1万Kmくらい走らないとエンジンに当たりが付かないと言う話しもあるので、もう少し走ってから入れても良かったかもしれません。


 ○ラルグコーティング

 この車には長く乗りたいと思っているのでボディの劣化をなるべく遅らせるために良いかなと思いこのコーティングをしてみました。3年保証で半年ごとに光沢をチェックし基準より下がっている場合は再コーティングすると言うものです。雨が降ってもどちらかと言うと玉になるよりも、すーっと流れるようになり汚れも少し付きにくくなったようです。
 このラルグコーティングについてはある情報を持っているので、津軽に住んでいてやってみようかと考えている方は一言声をお掛けください。


 ○スーリージェットバッグ

 いつかは付けてみたかったスーリーのジェットバッグ。シリーズの中では一番小さいTH633というモデルです。
 少々の汚れものでも気にせず放り込めるのでとても助かります。バーベキューセットなどがそのまま入ります。ただ位置が高いので重いものを入れるときには少々気を使います。屋根に落とさないように気を付けましょう。
 また取り付けは1人でやりましたが、これより大きいモデルだと1人で取り付けるのは難しいのではないかと感じました。


 ○フォグランプPIAA H3-85W(130Wクラス)

 オプションでフォグランプを装着したのですが、あまり明るくないのでより明るいランプを付けました。
 車体のすぐ前が明るくなり降雪時や霧の中でもとても走りやすくなりました。プラスチック製レンズでもOKです。


 ○オトナシート

 ある程度覚悟はしていましたが国産車を乗り継いで来た身にとっては、やはりゴルフは少しうるさかったです。それで色々情報を集めてこのオトナシートをトランクルームと後席下と床面に貼りました。
 1〜2dbほど静かになるようですがハッキリとは体感出来ませんでした。ちなみに1セット5枚で1.9Kg程度の重さです。運転席や助手席、後席、トランクルームなどをカバーしようとすると4〜6セットくらい必要になります。


 ○カーフィット140

 エンジンフードの裏側に貼るグラスウール製の防音、防熱材です。エンジンフードの塗装の焼け止めにも効果があるようです。上級車種には標準で付いているようですが、我がゴルフには付いていません。
 で以前乗っていたインテグラにも付けていた、カーフィットを取り付けてみました。少し静かになったかなと言う感じです。純正品はサウンドアブソーバーという部品名になっています。


 ○ミシュランSX-GT 195/50/15

 特別装備として最初から付いていた、ピレリP5000が段減りして非常に不快な振動をするようになったので、思い切って変えてしまいました。
 これは走ってみると明らかに静かになったのが分かります。またウェット性能も高いようです。


 ○ミシュランMAXI-GLACE2 185/65/14

 95年11月から使用しています。以前の愛車のインテグラにスタッドレスタイヤが必要になった時に、このタイヤが良いという情報を得たので購入しました。以前に使用していたブリジストンブリザックPM-20と比較してみると・・・ハイスピード領域ではMAXI-GLACE2のほうがよりしっかり感を感じます。通常の積雪ではほぼ同等ですが、アイスバーンよりも条件が厳しいミラーバーンではPM-20が優っていると思います。次に買うとすればブリジストンが新しく出したブリザックMZ-02が良いのではと考えています。
 なお細かいことですが、このタイヤと比べるとゴルフGLiの純正タイヤは185/60/14なので外径寸法が違います。185/65/14の外径は約595mmで純正タイヤの外径は約578mmとなっているので、約3%大きい事になります。その分ギヤ比が低くなるのと同じ事になるので若干加速が鈍り、距離計は少なく出るので実際の燃費が変わらなくても、見掛けの燃費は悪くなります。


 ○ボッシュラリーストラーダ

 純正の音が少し情けない音なので、変えました。深みのある良い音になったと思います。まぁ鳴らさないで済むに越したことはないのですが。


 ○ボッシュグレープラチナプラグB-WR7DPX

 走行距離が2万Kmを越えたのでプラグを変えました。若干エンジンの振動が減ったかな、と言う程度です。
ただし交換するときはプラグを外した時にエンジン内にゴミが落ちないように最初にゴミを吹き飛ばしておく必要があります。