THE 十三湖
 オホーツク高気圧が勢力を増すと確実に吹く局地風「やませ」。その「やませ」が津軽半島の山々を越えて更にはゴージのように山の谷間を通り抜け十三湖に吹きつける。結構オイシイですよ、十三湖。
 左)大体がこんな感じ。6.2u。他の人たちは5前後使用。
 右)十三湖の東側に山に雲がかかるとまず間違いなく吹く。この雲は実家からも確認できる。


注意事項  昨年、仲間の一人が事故死しました。この事により、地元漁協との間に軋轢が生じています。

再びこのような事故が起きるとウインド禁止と言う事態に成りかねません。そうならない為にローカルで申し合わせをしました。これから十三湖を訪れるビジターの皆さんも是非とも協力していただきたく宜しくお願いします。

@ 漁船の前を横切らない事

A 定置網に近づかない事
B 浮力体をつける(ウェットでも可)
C 自己管理をしっかり行い、体調不良のときはセイリングをしない
D 自信の無いコンデションではセイリングをしない
E 絶えず周囲に気を配り、セイリング不能になっている人が居ないか気にしながらセイリングする。
F ゴミは持ちかえる。
G シジミ獲りは立派な密猟。絶対にしないで
H シジミ漁は平日は正午までやってるので午後に入ること。日曜は休漁日なので朝からOKですが以上の事を守ってセイリングしてください。

等の申し合わせがありましたが、その他は現地でローカルに聞いてください。

コンディション  十三湖のレギュラーはもちろん東がらみの「やませ」。北以外は殆どいけます。フラット〜チョッピーのスピード&スラローム&フリーライドゲレンデ。他で風が無くても十三湖だけは吹くこともまま有る。
イチ押し  レギュラーの「やませ」が当然イチ押しだが、あえて言えば南西〜西で潮が引いている時の十三湖は最高。フォートベンチュラ―顔負けのスピードゲレンデとなる。でもそんなのには年に1,2回しか出会う事が無い。
コメント  「やませ」が吹く時はスラロームだと4〜6u代がメインとなる。夏でも小さいセイルもお忘れなく。
駐車場 どこでもどうぞ
トイレ なし。車で5分くらい行けば公衆トイレ有り
シャワー なし。
売店 なし。車で5分くらい行けばスーパー有り
セッティングスペース 人の邪魔にならなければどこでも。

    ゲレンデガイドへ