鳳松院は、禅林三十三ケ寺の一つ。ご本尊は釈迦如来、開山は金庵喜、開基は不詳であるが、開基の年代を慶長四年(1599年)とする、という書き物がある。山号を種里山といい、鯵ケ沢町種里村に在ったとされる。弘前に移った後、鳳松院の種里の跡地は「臥龍院」という同宗派の寺院になり現在に至っている。寺社領分限帳(正徳元年、1711)によれば弘前市に移ってきたのは慶長年中(1595~1614)とされている。当院と同じく種里にあった長勝寺、海蔵寺は 堀越に移転の後に弘前に移ったとされているが、 その点については鳳松院は不明である。
歴史です
弘前に 移ってからは当時俗名「鳳松院田屋寺」とも呼ば れ、耕春院の末寺であった。耕春院は現在の宗徳寺、大正元年に加賀の宗徳寺を再興し合併、宗徳寺となる、依って当院は現在宗徳寺の末寺である。
鳳松院の故郷がこちらにある。元々は弘前の寺ではない 故郷の名前を、山号として残してある