消化管の働き
食べた物は,口から入り食道,胃,十二指腸,小腸,大腸を通って便として排泄されます。また,消化には肝臓,胆嚢,膵臓が関係します。
食べ物には,糖質,蛋白質,脂質の栄養素があります。
1.口腔
糖質は,唾液腺からでるプチアリンによりデキストリン,マルトースに分解されます。
蛋白質、脂質は,分解されません。
2.胃
食べた食物は,食道を通って胃に入り、胃液によりどろどろの状態になります。
デキストリン,マルトースの糖質は,そのまま十二指腸に運ばれます。
蛋白質は,塩酸,ペプシンによりペプトンという物質に分解されます。
脂質は,そのまま通過して十二指腸で分解されます。
3.十二指腸
口の中で分解されなかった,糖質は膵液中の酵素(アミロプシン)により二糖類(マルトース)に分解されます。
蛋白質は膵臓からのいろいろな酵素(トリプシンなど)により,さらに分解されオリゴペプチドになります。
脂肪は,ほとんど分解されることなく十二指腸にきて,腸内アルカリ,胆汁酸,膵酵素(ステアプシン)により脂肪酸,グリセリンに分解されます。
4.小腸
栄養を吸収する場所です。十二指腸で細かく分解された栄養素を,腸管粘膜細胞から吸収されます。
糖質,蛋白質は門脈という管を通って肝臓に運ばれます。脂肪は,リンパ管に入り,それから血液に入り全身を巡って肝臓にいきます。
5.大腸
水分を吸収して,便ができる場所です。
6.膵臓
a)外分泌
色々な酵素を分泌します。
b)内分泌
インスリンというホルモンを作ります
7.胆嚢
肝臓から分泌された胆汁酸を貯めておく場所です。
8.肝臓
肝臓は,栄養素の処理,貯蔵,解毒,排泄などします。
1)栄養素の代謝
小腸から吸収された栄養は,肝臓に運ばれて,代謝されます。そして,必要に応じてブドウ糖, アミノ酸,トリグリセライドなどを体内に配給します。
2)胆汁酸の生成
胆汁酸をつくります。
3)解毒作用
有毒物質を無毒化する作用もあります。

「胃腸の部屋」へ戻る