むつ市,下北,ラーメン,青森県,らーめん,中華そば,支那そば
45 ・・・下北地方(むつ市・下北郡)・・・

青森県のラーメン、温泉、宿をパワー検索するカスタムGoogle
カスタム検索



BACK  お探しの店は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」→「キーワード(店名の一部など)」で簡単に検索できます。

黄色・お勧め度「高」 赤・お勧め度「大」 緑・掲示版での人気店
以下50音順に掲載

朝比奈食堂
俳優・松山ケンイチさんの実家も近く、小さい頃から通った大人気の食堂です。麺類からドンブリルイ、各種カレーに定食類、名物のバラ焼きやフライものトンカツ類など、およその食べ物は網羅したお品書きです。更にマグロかつ定食や焼き鳥丼、餃子鍋定食など独自のオリジナルメニューも数多くあります。松山ケンイチさんのお勧めはジャンボバラ焼き定食だそうですが、肉好きな私のお勧めはジャンボつながりのジャンボロースチャーシューメンです。厚切りの極デカチャーシューが丼いっぱいにトッピング、食べ応えたっぷりです。 むつ市海老川町13-42
0175-22-3538
あらそば
(中華の店あらや)
2010年、おばちゃんは引退し長年通い詰めた常連ご夫婦がレシピもそのままにお店を受け継ぎました。モヤシ、ニラ、ニンジン、ひき肉など超大盛りの具材をフライパンで炒め、それにスープを加えて丼の麺に豪快にぶっかける、独特な製法の味噌ラーメンがお店の代名詞です。ヤキソバからラーメン類まですべてノーマルで麺の量が多いのも特徴です。野菜山盛りなビジュアルは二郎系を彷彿します。また、おばちゃんレシピの完全伝授を受けたオーナーが東京都六本木らーめんにてあらそばの味噌らーめんを復刻、大人気らしいです。 むつ市大湊新町22−7
0175-24-2423
家系家(むつ店)
家系家は「いえけいや」と読みます。前、刻乃家むつ店です。こちらも「家系家八戸店」と同じく、2006年3月をもって家系の味を追求するため味の方向性の違いで刻乃家から独立しました。横浜市・近藤家→大和市・桃家→十和田市・刻乃家そしてここ家系家、とんこつメインで鶏味も濃厚なこのスープは、正しく家系です。ネギ、ほうれん草、のり、チャーシューとトッピングも標準家系です。豆板醤、酢、にんにく、しょうが、を入れて自分好みの味を作る、青森県のラーメン屋さんのシステムではありえない調理参加型のこのスタイルもやっぱり家系です。 むつ市大字奥内字大室平117
いさりびハウス
旧大畑町(現むつ市)の商工会が村おこし企画として開発した「いかすみラーメン」が食べれます。いかすみを練りこんだ真っ黒い麺はインパクト抜群です。旧大畑町内の食堂数店で食べれますが、味やトッピングは各店それぞれです。いさりびハウスのいかすみラーメンは塩味の魚介スープに、カニ、エビ、ホタテ、いか、と超豪華なトッピングになってます。このいかすみラーメンは、ほぼ大畑町内の限定品です。大畑に来ないと食べれません。国道279号線沿い、大きなイカのモニュメントが目印しです。 むつ市大畑町正津川戦敷488−1
0175-34-6388
いず美食堂
大間町の漁港に沿ったメインストリートといえる通りにあります。塩ラーメンも醤油ラーメンもラーメン類は、すべてたっぷりナミナミのスープの大サービスです。トンコツと鶏ガラに昆布、そして貝?の風味がある海鮮ラーメン的な塩ラーメンです。醤油ラーメンはスープが別と思われ、魚出しのコクもある味と香りです。麺は、チヂレのほとんど無い堅めな中太麺一種類です。どちらも大間町の基本トッピングである麩入りです。ニンニクのきいた大きなギョウザの、ギョウザラーメンセットがお勧めです。 下北郡大間町大字大間字大間82
0175-37-3532
磯っ子食堂
脇野沢産の焼干いわしの粉末を直接麺に練り込んだカルシウムたっぷりの健康麺、特産焼き干しラーメン。それぞれ値段とスープとトッピングが微妙に違い、脇野沢地区の食堂6ヶ所で食べれます。ここはそのうち1店舗です。スープは、とんこつと煮干の濁り濃厚コッテリな味になってます。トッピングは、麩とチャーシューとメンマにネギ、と標準的です。海に面した通り沿いにある村の大衆食堂です。時価の焼き魚定食も海辺の食堂ならではです。 むつ市脇野沢小沢18
0175-44-3430
一休食堂
創業40年以上、大間町の老舗食堂です。店内も従業員も昭和の香りがぷんぷんです。昼間は食堂ですが夜になると異彩をはなつスナック的な居酒屋でもあります。各種うどん、そば、チャーハンから定食まで幅広いお品書きです。ラーメン類も正油、塩、みそ、すべて揃ってます。なかでもお勧めは一休ラーメンです。無色透明な塩ラーメンスープ、濃い醤油色の正油ラーメンスープ、しかして一休ラーメンはどちらでもありません。何味なんですか?との問いには「んふふ、一休味だよ」との答え、ぜひ自身でお試しください。 下北郡大間町大間字大間62
0175-37-3413
駅前食堂
(中華そば・定食 駅前食堂)
風が吹くと止まると評判のJR東日本大湊線、下北駅の真前にある食堂です。通称は駅前食堂ですが、正式名称は「中華そば・定食 駅前食堂」です。中華料理系の定食も人気ですが、麺類のレベルはラーメン専門店を凌駕してます。中華そばだけでも、とり味、煮干し味、こってり味と3種類ありそれぞれがハイレベルです。個人的お勧めはトンコツラーメンです。白濁濃厚なトンコツ白湯スープに万能ネギとキクラゲと紅ショウガのトッピング、低加水の極細ストレート麺、まったく異議なしの博多ラーメンです。替え玉もできます、お勧めです。 むつ市下北町5-45
0175-22-0860
王将
全国的なFC店の餃子の王将や大阪王将とは関係ありません。「割烹 王将」と看板にある通り、お刺身(時価)、うな重、かば焼き定食、などいわゆる高級割烹料理もありますが、中華そば、焼きそば、味噌ラーメン、五目ラーメン、また各種セットメニューなど大衆食堂的なメニューも数多くあります。ラーメン類でのお勧めは、チャーシューメンです。中細のほぼストレート麺に柔らかな肩ロースチャーシュー、見かけは塩ラーメンかと思えるほど透き通った醤油スープです。塩味もやさしく、あっさりで〆のラーメンにはぴったりです。 むつ市田名部町4 - 2
0175-22-1291
外苑
(食事処外苑)
見かけは喫茶店です。中にはいると喫茶店です。むつ市内では古くから食事メニューに定評ある喫茶店です。エビフライやカツ、各種のフライ定食、カラ揚げ定食にオムライス、昔ながらのナポリタンなど持ち帰りできる食事メニューはざっと40種類、出前までやってる大衆食堂的喫茶店です。ラーメンは固定ファンがつくほどの人気メニューです。ガラと野菜に控えめな魚介風味のあっさりスープ、中細縮れ麺にロースチャーシュー、津軽ラーメンにも通じる味です。漫画本も置いてあり、食後ものんびり寛げます。 むつ市上川町10-40
0175-22-9386
海峡
チャーハンとカレー各種、丼各種、定食類もありますが、人気はラーメン類です。下北地域での基本ラーメンは塩です。たいていのお店では塩ラーメンがメニューの一番上になってます。スープはまろやかなあっさりバランスタイプです。加水高めな細ちぢれ麺使用です。注文のさいに注意すべきは「海鮮ラーメン」と「海峡ラーメン」です。海鮮は塩味でエビ、ホタテ、ワカメ、イカなど新鮮な魚介のトッピングのラーメンです。店の名を冠した海峡は、豚バラ、モヤシ、キャベツ、ニンジン、ニラ、キクラゲなど野菜タップリなピリ辛ラーメンです。 下北郡風間浦村大字下風呂字下風呂45−1
0175-36-2641
梶屋
むつ市内に数店舗ある煮干し出汁ラーメンの原点ともいえる、ある料理店(現在は閉店)の味を直系に受け継いだむつ市のスタンダード煮干し出汁ラーメンです。煮干と昆布の旨みに豚のコクが加わった濃い出汁で濃い味のスープです。醤油の味と香りも強めな、津軽ラーメンと同じ感覚の「しょうゆラーメン」が個人的お勧めです。ほろほろと崩れるほど柔らかな自家製の肩ロースチャーシューがトッピングです。 ※注※ 店主が二日酔いの時は、臨時休業になるらしい?青い暖簾をみつけたら営業中の合図です。 むつ市新町3−6
0175-22-5080
かわうち湖
(道の駅かわうち湖)
川内の海沿いから県道46号線を山に入り、佐井村に向かうと川内ダムがあります。そのダムの畔にあるのが道の駅かわうち湖です。山の中ですが観光シーズンには、わりと混んでます。隠れた人気スポットかも知れません。川内の特産品などお土産ものがいっぱい置いてあります。ひときわ人気なのが、名物、ひばラーメンです。ヒバ(木)の葉っぱやイチョウ、熊笹などを練りこんだ薬膳の麺です。特に匂いや味は「しないので」安心して御注文ください。体にいいみたいです。 むつ市川内町福浦山314
0175-38-5108
北の家族
黄色い建物に黄色い看板、何故か北の家族の文字が裏返しに書いてあります。本当の屋号は「族家の北」?、或いは「くぞかのたき」なのかも! ラーメンメニューもその他のご飯メニューも数え切れないほど豊富です。塩キムチらーめん、岩のりらーめん、かき玉らーめん、むつ湾らーめん、やトンカツ1枚まるごと入ったカツらーめんなどオリジナル変わりラーメンも多いです。また、カツ丼、エビ丼、牛玉子丼、鶏照り焼き丼等と麺類のセットもそれぞれ通常の一人前の量で値段も750円〜900円とお徳です。 むつ市大湊新町35−45
0175-29-3313
銀座ラーメン
むつ市の夜ストリートミナト通り 、スナックや居酒屋が居並ぶ繁華街にあります。カウンターと小上がりだけのこじんまりとしたお店です。煮干スープに中太チリチリ麺、津軽衆好みなラーメン屋さんです。夜、停まってるタクシーの運ちゃんに「うまいラーメン屋さんは?」と聞くと間違いなくここを紹介されます。夜だけ営業、〆ラーメンとして有名な店です。外側パリッと中ジューシーな、餃子の焼き加減がバツグンです。納豆ラーメンやカレーラーメン、キムチラーメンなどオリジナルなラーメンもあります。 むつ市横迎町1丁目1−5ミナト通り
0175-22-0787
幸楽
本格的な中華料理を手ごろな価格で食べられるコストパフォーマンスの高い大衆中華食堂です。かに玉、マーボー豆腐、ニラ肉玉、など本格中華の定食もたくさんあります。また、ラーメン類も20種類以上ありマーボーメンや天津メンなどの中国料理の手法を使ったメニューが盛りだくさんです。月ごと曜日ごとに毎日かわる、幸楽日替わりランチも大人気です。全国展開する大手フランチャイズ店の幸楽宛とは無関係です。加えて、渡る世間は鬼ばかりの幸楽とも無関係、残念ですが「えなり」はいません。 むつ市柳町1丁目9−12
0175-23-5022
吾作
(ラーメン処吾作)
店内にはカウンターと広い座敷があります。お座敷は座テーブルがおいてあり、住宅の一部をそのまま利用した作りでアットホームな印象のお店になってます。野菜タンメン、カントンメン、などトッピング主体系の麺類メニューです。野菜がたっぷりトッピングされ自家製の味噌ダレを使った「みそラーメン」と、レバニラ炒めが大量にトッピングされた「レバニラメン」が人気メニューだそうです。店主のお勧めは、ミニチャーハン、ミニカレー、ミニ中華丼としょうゆラーメンのセットと手作りギョウザです。 むつ市十二林2−1
シーグルメドーム
脇野沢特産品の焼き干しラーメンが食べれる6ヶ所の1つです。スープはバランス志向で、特に魚だしを強調してないタイプです。トッピングにイカとホタテとわかめが入った海鮮風です。ラーメン類の他にも、ドーム定食(焼き魚)、焼き魚定食、刺身定食(時価)、・・・と脇野沢の海の幸がたっぷり楽しめる新鮮メニューがいっぱいです。ホタテ刺身は、注文受けてから近くの海中につるした網の中にある生きた貝を持ってくるという新鮮さです。民宿もやってます。 むつ市脇野沢本村
0175-44-2029
下北
近年、大間町はNHKと黒マグロで有名になりした。ここは、庶民的値段設定な普通の居酒屋です。しかし、漁業の町大間です。サザエ、アワビ、青ツブなどの高級刺身も常時おいてあり、しかも地元値段です。青森県人にはお馴染みの活帆立や活ホヤは、観光客にうけがよいそうです。居酒屋なのにメニューにはなんとラーメンもあります。ラーメン、帆立ラーメン、海老ラーメン、それぞれに塩と醤油があります。1軒で〆までいける、ある意味コンビニエンスな居酒屋です。 下北郡大間町大字大間字大間28-1
0175-37-3719
将ちゃんラーメン
2号店が閉店となり、現在1号店のみ営業中です。下北地域で魚出汁ベースのスープを使うお店は多くありません(脇野沢の焼き干しラーメンを扱ってる店を除いて)。むつ市内でも昔からの煮干しラーメンは新喜楽系だけです。豚の旨みにガラのコク、強めな煮干風味のコッテリ味スープです。厚切りで濃い味のチャーシューは、食べごたえあります。むつ市のラーメン屋さんでは多い熊さん製麺所制のちょいチリチリな中太麺を使用、このスープにぴったりマッチしてます。むつ市民の昔味煮干出汁ラーメンといえます。 むつ市新町27−6
0175-23-6135
情熱麺房空海 閉店・炭火焼きの料理もあるラーメン店 むつ市横迎町
スエヒロ食堂
マグロとベコモチでひときわ有名な本州最北端、大間町のメインストリートにある大衆食堂です。各種の丼、定食類に、カレー、オムライス、チャーハン、うどん、そば、メニューはざっと50種類をこえてます。個人的なお勧めは、ラーメンです。このあたりは函館文化と共通点が多く、ラーメン=塩ラーメンです。ガラ、昆布、魚介、のバランスがとれたスープのあっさりラーメンです。中細縮れ麺に生ワカメと麩のトッピングも特徴的な下北地方独特のラーメンです。大間産のマグロ丼やイカ刺し定食もお勧めです。 下北郡大間町大間大間89
0175-37-3427
スパウッド
観光ホテルレストラン
スパウッド観光ホテル」内レストランです。温泉はいってビール飲んで食事して・・・とフルコースが楽しめる地元の人気スポットです。下記、道の駅かわうち湖にもある川内特産のひばラーメンやひばそばが食べれます。ヒバ(木)の葉やイチョウ、熊笹などを練りこんだ薬膳の麺です。麺は同じですがスープとトッピングはここのオリジナルです。また、甘いあんの入った餅を醤油味の出し汁に入れて食べる郷土料理「ケイラン」も食べれます。思ったより以外な味ではありません、一度おためし下さい。 むつ市川内町板子塚28
0175-42-3333
すみよし食堂
バイパス店
昆布が練りこんである細めなチヂレ麺の「ねばり昆布ラーメン」が一押しです。麺の中に見える黒い粒々は、大間産のあらめ昆布の粉末だそうです。ツルツルですが、噛むと粘ります。トンコツ風味もある塩味のスープですが、昆布の出し味が強くでてます。麺とスープにダブルの昆布、磯の風味が鮮烈な塩ラーメンという印象です。トッピングは生ワカメに麩と、大間標準になってます。このねばり昆布麺はネット販売もしてます。大間町のご当地塩ラーメンとなりえるかも知れません。 下北郡大間町上野20-1
0175-37-3170
そば処藤万
蕎麦とウドンがメインのお蕎麦屋さんです。蕎麦は挽きぐるみの黒っぽいタイプで、おそらく南部特有の10割蕎麦です。5つの御重を味違いのつゆで食べる「下北そば」は圧巻です。酸味の強いカレー南系も個性的なメニューです。そして蕎麦屋なのに何故か人気の支那そばもお勧めです。カエシ味のきいた蕎麦屋の和風中華です。節系の出汁が強くでて、アッサリなのに旨みが濃い、麩とナルトがのった古風な味の和風ラーメンです。支那そばには、もれなくライスとお新香が無料でついてきます。 むつ市中央2丁目17−12
0175-29-2916
大國らーめん
(だいこくらーめん)
臭みが無くて旨み濃厚な白濁乳化の豚骨スープが基本のラーメン店です。油分が少なくて見た目よりアッサリすっきりな味ですが、コッテリ好きの方には背油の無料追加サービスもあります。個人的なお勧めは、強い節系魚介の味がきいた「大國醤油らーめん」です。煮干、鯖節、昆布でとったダシとトンコツスープの組み合わせは、他に無いオリジナルな味です。基本の麺は「細麺」と表記される中太の縮れ麺ですが、太麺も選べます。チャーシューは、厚切りの柔らか肩ロースです。 むつ市若松町1−6
0175-23-7933
たいじま
旧脇野沢村の中心部(?)にある食堂です。店内は大漁旗など漁師町風のインテリアで、見方によっては渋いお店です。脇野沢特産「焼干しラーメン」を商品として最初に扱った食堂です。焼干しラーメン発祥の地、ともいえます。ここのラーメンはスープにも焼き干しを使った魚だしが濃いタイプです。ワカメ、メンマ、ナルト、フ、ネギのトッピングになぜかチャーシュー無しになってます。焼干しラーメンを使った焼干しざる中華も(夏季限定)あります。 むつ市脇野沢本村105
0175-44-3228
狸小路
サッポロラーメン
赤地に青いタヌキの看板が目印です。カウンター席だけの屋台的雰囲気のあるラーメン専門店です。深夜まで営業しています。〆ラーメンを求める人にお勧めはみそラーメンです。独特な風味があり、モヤシや玉葱など野菜がたっぷりのラーメンです。刺激を求める人にお勧めは、四川風ラーメンです。豆板醤のきいた赤い激辛スープは、二日酔いも吹き飛ばしそうです。太めで黄色く、大きなウェーブの麺がサッポロ感をだしてます。塩、みそ、正油の基本ラーメンが800円から、と少し高めの値段設定です。 むつ市田名部町1−5
0175-22-0418
駐車場食堂
大衆食堂メニューから焼き魚定食や刺身定食にみそ貝焼き定食などの郷土料理、更にはお酒類までとメニューは約100種類もある食堂です。お店のお勧めベスト3は、第一位「特製五目ラーメン」カニ、ほたて、えび、イカ、ワカメなど海の幸満載の塩味ラーメン、第二位「かにみそラーメン」かにみそ風味のみそ味ラーメン、第三位「イタリアみそラーメン」トマトベースのミソ味ラーメンだそうです。個人的なお勧めは、イカ、ワカメ、エビ、ゆでたまご、チャーシューがトッピングの長崎ちゃんぽん風のチャンポンメンです。 むつ市小川町2丁目3-10
0175-22-2674
てん金
(萬福・てん金)
行けば必ず満腹の回転寿司萬福とセットでのFC店です。てん金は、トンカツや天ぷらなどの揚げ物がメインのお店です。個人的なお勧めは「しなそば」です。中太のチヂレ麺に魚の濃い出しスープ、何でむつ市に津軽ラーメンが???実は!津軽出身のオーナーが、ふるさと黒石市の然る食堂の味を目標に開発したラーメンだからです。チャーシュー以外に豚は使ってないという拘りの津軽ラーメンです。蕎麦粉にこだわった、日本蕎麦もお勧めです。蕎麦専門店でも通用する本格二八の更科蕎麦です。 むつ市金谷2丁目11−13
0175-23-4878
トラベルプラザ
サンシャイン
駐車場も広くてトイレや無料休憩所あり、バスやトラックなどもとまれる超大型ドライブインです。横浜町の特産品ナマコと菜の花関連のお土産が充実してます。中でも話題なのが三大アイスクリーム、なまこ愛すクリーム、ほたて愛すクリーム、菜の花愛すクリームです。やはり人気は菜の花だそうです。下北半島全域の新鮮な魚貝を地方発送しています。レストランコーナーでは、オリジナルの菜の花ラーメンがお勧めです。菜の花の葉と茎を練りこんだ麺を使用、トッピングにも菜の花のオヒタシが載ってます。 上北郡横浜町字大豆田127
0175-78-2080
刻乃屋むつ店 閉店・十和田市にある「刻乃屋」の分店でした。味の方向性の違いのため独立し家系家というお店になりました。 むつ市奥内
花時
「はなとき」と読みます。ハンバーグをはじめカツ、フライ等、当店のメニューはすべて手作りというラーメン、ドンブリ、定食に力をいれたこだわり食堂です。少し小ぶりな丼物、チャーハン、餃子の何れかと、少し小ぶりなラーメンがセットになった、大人気メニューはラーメンセットです。駐車場も広く、お昼時は大賑わいです。ラーメンが400円からで、全般的に低い価格設定の庶民的お店です。店内も広く、テーブル席の他に座敷席もあり、無料のコーヒーで食後はゆっくりのんびりできます。 むつ市大湊新町34−78
0175-24-1044
はまなす
サンホテル大間
大間町では多分唯一のビジネスホテルサンホテル大間内のレストランです。大間の基本塩ラーメンは、ガラと昆布ベースのあっさりスープに生ワカメと麩などがトッピングされた大間町的海鮮味です。ここで注目は、大間産本マグロ100%のマグロ丼1800円です。ほとんどが築地直送となる大間産本マグロを地元で食べれる場所は多くありません。季節や漁の具合で無い時もあります。そんな時は普通のマグロ丼1500円、これはいつでもあります。大間産本マグロの直販もしてます。 下北郡大間町奥戸下道2
0175-37-2001
福士食堂
(らーめん福士)
店の玄関にかかってる暖簾には「らーめん福士」と書かれていますが、正式名称は福士食堂です。九十九里産の煮干を使った、少ししょっぱめの津軽ラーメン的出汁です。濃い醤油色の透明なスープです。醤油の風味が煮干しの香りといっしょになって、魚だしファンにはたまらない味に仕上がってます。太めの縮れ麺がしょっぱめスープと良く合ってます。前田百貨店の裏手にあります。昼から夕方までの営業です。定休日は特になく、ときどき月曜日に休むそうです。昼時には店内いっぱいにお客さんが入る人気店です。 むつ市新町10-3
0175-23-2635
福士らあめん
店の玄関にかかってる暖簾には「らーめん福士」と書かれています。やはり、新喜楽系煮干のスープ(ついでに言うと、梶屋も銀座も将ちゃんも福士食堂もです)で麩ものってます。薄めアッサリスープで、醤油の味も少し薄くなってます。ちじれ少なめな中細麺は熊さん製だそうです。繁華街、横迎町にあります。夕方から深夜までの営業です。定休日は日曜日です。上記、福士食堂(らーめん福士)と微妙に関係あります。むつ市の定番メニュー、納豆、もやし、わかめラーメン、ここにはすべてそろってます。 むつ市横迎町1丁目1−9
0175-22-9204
道の駅かわうち湖
かわうち湖 」へ
川内町
丸美屋食堂
地元大畑の人に聞くと、入ったことないとか、食べたことないと言われます。たしかに、焼き魚定食やラーメンは近所のおふくろもなかなかです。ジャンボワンタンはジューシーな豚肉たっぷりでツルツルぷりぷりの皮、けっこう手の込んだこだわりものです。ジャンボワンタンがたっぷり入ったジャンボワンタン麺、一度食べてみて下さい。下北名物、イカすみを練りこんだ麺のイカすみラーメンもあります。 むつ市大畑町中島105−60
0175-34-2433
まんじゅや
佐井村は本州最北の村です。青森港や仏ヶ浦へ向かう船の発着所、村の歴史博物館である海峡ミュージアム、村の観光案内所、村の絶景を一望できる展望所、これらが一つになった津軽海峡文化館(アルサス)2Fにある食堂がまんじゅやです。ひときわお勧めなのが、村おこしらーめんです。きたあかり(ジャガイモ)を練りこんだいもらーめん、もずくを練りこんだもずくらーめん、昆布を練りこんだ真昆布らーめん、の3種類あります。すべて地元で獲れた素材を使ってるそうです。新鮮な海産物メニューもお勧めです。 下北郡佐井村大字佐井字大佐井112
0175-38-4212
万八ラーメン苫生店
万八ラーメンと名のつく店は「青森市、新城」青森市のマエダ西バイパス店、むつ市の下北町、とけっこうあります。詳細は不明ですが、関連店と思われます。万八のほとんどは麺類中心のファミリーレストラン的なメニュー構成になってます。しかし、ここの万八ラーメンは、外観やメニューも含めて一番ラーメン屋さん風な店舗です。ニラレバラーメン、八丁みそラーメン、ダールラーメン、などオリジナルラーメンも多数、脇野沢名物の焼き干しラーメンもあります。写真は、広東麺です。 むつ市金曲1丁目2−3
0175-23-3910
みかさ亭
2009年、東通村白糠のノーザンホテル隣からここむつ市移転しました。「回鍋肉」や「エビチリ」「八宝菜」など本格中華のメニューが豊富な中華料理店です。定評あるパラパラご飯のチャーハンは6種類あり、定食やセットメニューも各種あります。人気は「広東メン」と「ゴマしゃぶらーめん」だそうです。帆立だしの濃い「塩」系ラーメンは、一風変わった味ですが下北半島そのものを味わえます。ちなみに、店名の「みかさ」とはスペイン語で我が家という意味だそうで、自宅にいるように寛いで欲しいとのネーミングだそうです。 むつ市並川町9−5
0175-34-9903
味噌屋麺太 閉店・全国の御当地にみたてたミソがある味噌らーめんの店でした むつ市仲町
みゆき 閉店・日曜日のむつ市ナイトでは貴重な〆ラー店でした。 むつ市田名部町
明洞 閉店・韓国の家庭の味、水冷麺と激辛のラーメンが名物でした むつ市本町
むつドライブイン
むつ市内の入り口にある老舗のドライブインです。お袋の味的なメニューから、ビーフステーキ、トンカツ、・・・メニューの数はほぼ無限大です。カツのせラーメンやカレーラーメンなど下北地方スタンダードのラーメン類も豊富です。あなり知られてない事実ですが、コロッケはむつ市の旧日本海軍発祥で日本全国に広まったと言われています。その「海軍コロッケ」が当時のレシピで復活しました。ここむつドライブインの他、市内の認定店十数軒で食べれます。「よこすか・海軍カレー」「呉・舞鶴の肉じゃが」と並び日本3大海軍グルメ・・・と成る日を心待ちにしてます。 むつ市大曲3丁目7-16
0175-22-4708
麺やひまわり 閉店・揚げたてのトンカツがのった「みそかつラーメン」が一押しでした。 むつ市大字関根
やまだい
帆立、エビ、イカ、フノリ、その他季節の魚介類がたっぷり入った「海鮮ラーメン」が人気らしいです。トリガラのだしがよくきいた塩味スープに、絡みの良い細めのチリチリ麺です。キムチラーメンやキムチなべ焼きうどん、そして味噌ラーメンなど、北国専用ともいえるあったかメニューが盛りだくさんです。お店の場所は、下北半島の津軽海峡がわに位置する東通村岩屋地区です。冬は寒い寒い寒い、さいはて下北・・・ですが、ここで身も心も暖まりましょう。 下北郡東通村大字岩屋字往来149−2
0175-47-2759
義亭
義亭は、「よしてい」と読みます。とんかつ、ハンバーグ、チキンカツなどカツ主体ではありますが、パスタやドリアなど洋食や和定食もある多彩なメニューのお店です。味噌ラーメン、とんこつラーメンなどラーメン類も各種あります。なかでも個人的なお勧めは、馬肉ラーメンです。ニラ、玉葱、ニンジン、キャベツなど野菜をたっぷり使った味噌仕立てのラーメンです。馬肉もたっぷり入ってて、スープに馬の旨みが巧くでてます。メンマとコーンのトッピングがなければ、まるで馬肉鍋のようなウマだしラーメンです。 むつ市新町43−2
0175-22-9772
らーめん紀屋 閉店・大きなロースチャシューが特徴 むつ市海老川町
らーめん大将
むつ市の繁華街近くにあり、昼も夜も営業のお店です。下北地方には多い、塩味スープがメインのラーメン屋さんです。お勧めは人気の高い「ふのりラーメン」です。ふのりとは岩場に生える海草で、シャキシャキした歯ごたえと海の香りが特徴の下北半島特産品です。塩味スープに中細ちぢれ麺、ふのりがたっぷり入った海鮮味のラーメンです。野菜たくさんの塩ラーメンもお勧めです。夜の部は9時前後で終了することが多いので、早めの〆ラーにどうぞ。京都にあるチェーン店「ラーメン大将」とは無関係です。 むつ市田名部町6−35
0175-22-8190
レストハウス
しおさい
脇野沢特産焼き干しラーメンが食べれる6ヶ所の1つです。最近あちこちの御土産やさんでみかけます。麩、メンマ、ナルト、ワカメ、のトッピングで、スープも商品に付いてる付属スープそのまま? ある意味、純粋に脇野沢特産・焼き干しラーメンを味わえます。ここは、海釣り公園内のレストハウスです。釣堀で自分が釣ったクロソイを定食にして食べれます。5月〜9月いっぱいまでの営業です、ご家族で楽しめます。 むつ市脇野沢瀬野川目
0175-44-3225
ラーメンレストラン
万八下北店
風が強いと運休することで全国的に有名なJR大湊線の下北駅前にあります。むつ市金曲の万八ラーメン苫生店、青森市三好の万八ラーメンマエダ西バイパス店、青森市新城の万八らーめん、店名の通りこのなかでは一番ファミレス風な店舗です。メニュー全般にボリュームたっぷりでしかも控えめな価格設定、さらにセットや定食など盛りだくさんな品数は、まさにファミリーユースがお勧めのレストランです。駐車場も店内も広く、大家族で利用できる座敷席からカップルにぴったりのテーブル席までキャパは絶大です。 むつ市下北町2-31
0175-22-4133
レストラン下北
大魚(むつ地方卸売市場)の隣りにあります。市場は新鮮な下北の海産物が豊富にあり、観光客で賑わってます。市場内の食堂が観光客用ならこちらレストラン下北は地元民や職員用ともいえます。日替り定食が500円です。また、麺類を注文した場合のみおかず券かライス券でどちらも食べ放題、超庶民的レストランです。麺類は、醤油、塩、広東メン、ざるそばなどがあり一番人気はホタテラーメンだそうです。塩味スープで大きめな帆立2個に生海苔が載った海鮮ラーメンです。 むつ市大曲2丁目219−1
0175-22-9400


・・・・


BACK