八戸市,十和田市,三沢市,三戸,上北,青森県,ラーメン,らーめん,中華そば,支那そば
103 ・・・三八上北地方(八戸市・十和田市・三沢市・三戸郡・上北郡)・・・

青森県のラーメン、温泉、宿をパワー検索するカスタムGoogle
カスタム検索



BACK  お探しの店は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」→「キーワード(店名の一部など)」で簡単に検索できます。

黄色・お勧め度「高」 赤・お勧め度「大」 緑・掲示版での人気店
以下50音順に掲載

TR>
赤のれん
B級グルメとしてメジャーになりつつある「十和田バラ焼き」の元祖たるお店です。バラ焼きとは、甘辛い自家製ソースで味付けされた牛バラ肉を、玉葱と一緒に鉄板で焼くオリジナル料理です。現在は十和田市を中心に広がり、60店以上ものお店で食べれます。基本は焼き肉屋さんですが、各種丼ものやカレーにオムライス、焼飯、ラーメン類にマーボ定食や酢豚など中華料理まで、大衆食堂以上の豊富なメニューです。極細麺を使いネギたっぷりに麩がトッピングのさっぱりラーメンは地元の懐かし味になってます。 三沢市中央町2-1-23
0176-53-3333
赤牛食堂
赤牛食堂と書いて「あかべこ食堂」と読みます。方言で赤い牛という意味です。基本的には焼肉屋さんですが、食堂的メニューも沢山あります。ナポリタン、トンカツ定食、エビフライ定食、カレーライスに各種の丼ものと、チャーハン類、大衆食堂を超えた豊富さです。ラーメン類も多数あり、キムチみそラーメン、辛みそラーメンなどの焼肉屋さん的なオリジナルラーメンやライス&おにぎり付きのセットもあります。お昼の時間帯はコーヒー付きの日替わり定食も人気です。 上北郡七戸町字七戸126−1
0176-62-2168
味一番
十和田市内旧国道4号沿いにあるお食事処です。とんかつ、しょうが焼、焼き魚、チキン唐揚げなどの定食から、ハンバーグ、カレー、などの食事メニューがほぼ500円前後の低価格で食べれる超庶民派の大衆食堂です。ラーメン類も、しょうゆ、みそ、チャーシュー、のり、メンマ、など豊富にあります。ガラや昆布のバランスがとれたこのあたりではスタンダードなタイプです。食事ができ、酒類もあり、小上がりもあり、一杯呑んでしめラーメンもできる、家族みんなでくつろげるうれしい大衆食堂です。 十和田市稲生町24−41
0176-22-7307
味の時計台
(八戸店)
閉店・札幌本店の有名FC店、行ったつもりになれる北海道ラーメンでした。 八戸市長苗代
味のめん匠
新幹線開通にあわせ八戸市内のラーメン店共同で70年前の昔味を再現、というか開発しました。昔からの八戸ラーメンは強い煮干し味でした。しかしこの「八戸ラーメン」は地鶏ガラと豚骨ダシの濃い口スープになってます。時代と流行に合わせた現代風にとのコンセプトで開発したそうです。協賛各店でこの同じスープと同じ麺を使い、同じ八戸ラーメンをだしてます。が、店により多少のオリジナリティーな違いがあります。食材の鬼佐野実氏がテレビ番組でプロデュースした八戸支那そばではありません。 八戸市大字六日町10−1
0178-24-1961
味美
味美はあじみと読みます。看板に偽り無し、麺類と丼物と定食のお店です。人気メニューはラーメン定食です。鶏ガラアッサリスープに細縮れ麺の醤油ラーメンにお茶碗ご飯と季節の小鉢料理2品にお新香がつきます。カウンターにテーブル席に小上がりもあり、家族連れから小宴会までカバーする小料理屋店的な大衆食堂です。三沢市で生まれて十和田市で育った、近年B級グルメとして人気が高い十和田バラ焼きの取り扱い店です。各お店で微妙な違いが楽しめる十和田バラ焼きですが、こちらのお店の特徴を一言で書くと「豪華」です。 十和田市西二十二番町11-14
0176-23-1636
味よしラーメン
(八戸店)
テレビ朝日系東北6局ネットの番組・2006年東北のラーメンベスト60にて第2位に選ばれた「ラーメン味よし中倉本店」の系列店です。味よしは仙台市内に数店ある辛味噌みそラーメンで有名なお店です。カツオ出汁を使った独特のスープにまろやかな合わせ味噌、そして特製辛味噌が味をひきたてます。白味噌風の脂少なめなアッサリと赤味噌風の脂多めなコッテリがあります。また、もうひとつのお勧めは辛味噌チャンポンです。たっぷり野菜にイカやエビも乗った、超具沢山の味噌味チャンポンです。 八戸市大字妙字大開83−24
0178-25-3367
家系家(八戸店)
前店名、刻乃家八戸店です。家系の味を追求するため、味の方向性の違いで刻乃家から独立したそうです。横浜市・近藤家→大和市・桃家→十和田市・刻乃家、そして「家系家」と、系列的にはひ孫ぐらいにあたりますがトンコツメインで鶏味も濃厚なこのスープは、正しく家系です。十和田市刻乃家と弘前市井上家と共に青森県内では、貴重な家系ラーメンのお店です。基本ラーメンが500円、8:00〜11:00と14:00〜18:00のサービスタイムにはライス一杯無料、庶民派的なところも家系ならではです。 八戸市大字河原木字下谷地20−5
いしかり大将
醤油や塩もありますが、みそラーメンの店です。オリジナルブレンドの味噌だれを使った、みそ味が濃いコッテリなスープにです。スープのベースはやはりトンコツと思われ、脂の量も多めです。ほど良い味付けの自家製メンマとしまった肉質のチャーシュー、そしてコーンとたっぷりモヤシも載ってます。野菜たっぷりでスパイシーなコッテリ、寒い冬にはピッタリです。十和田市にある小関麺興商事の特製麺は、太めで黄色くほんの少しチジレた短い麺です。麺が短いのが(全長10cm位)きがかりです。 三沢市幸町2丁目2−9
0176-57-0150
伊勢屋台八兵衛
(八兵衛ラーメン)
店名を冠した「八兵衛ラーメン」は、マイルドなバランススープの醤油ラーメンです。たまり醤油のような風味と甘みがあり、旨みの濃い醤油味です。中太ストレート麺が基本ですが極太麺も選べます。オリジナルのトッピング類が特徴的です。スープをまろやかにするという→生たまご、チャーシューメンに更に加える→Wチャーシュー、びっしりセアブラの無料トッピング→こってりコッテリ、など青森県のラーメン文化にはないトッピングシステムになってます。自家製のカクテキが無料食べ放題です。 八戸市青葉3丁目14−13
0178-22-6638
板橋食堂
閉店・八戸に支那そばが登場した1940年代から営業してました。煮干し出汁の中太ちぢれ麺、最古で最後の八戸ラーメンでした。21世紀を待たず閉店、残念です。 八戸市鷹匠小路
うしお亭
(マリエント)
八戸市水産科学館(愛称マリエント)内のレストランです。マリエントとは立体映像で八戸の海を紹介しているウミネコシアター、磯の生き物に触ることのできるタッチ水槽が設置されてるマリンワールドなど、八戸近海の自然や漁業について展示してある通年観光文化施設です。そして最上階の展望レストラン、うしお亭では雄大な太平洋や蕪島や八戸港を一望できます。八戸の海の幸をふんだんに使った定食類は、お勧めです。そしてなにより八戸らーめん会の「八戸らーめん」が食べれます。 八戸市大字鮫町字下松苗場14−33
0178-33-7800
蛯沢商店
お店一押しは、店名を冠した「蝦ちゃんらーめん」です。豚骨と魚介、魚粉を使った濃厚なスープにゴマとニンニクの風味づけ、肩ロースを使ったチャーシュー、ネギ、メンマ、ハーフサイズの煮玉子、そして海苔とその上に魚粉がトッピング、底にはザク切りのタマネギが沈んでます。麺は加水率が高く伸びにくいタイプで、熱々スープの最後までコシがあります。麺や味噌、醤油、昆布など北海道産を取り寄せてますが、ニンニクなど地元の食材にもこだわっているそうです。六戸の蛯沢商店や三沢市の匠家は姉妹店だそうです。 上北郡東北町旭北1-771
えびす屋
新郷村では唯一のラーメン専門店です。中細麺のしょうゆ味ラーメン、しおラーメン、太麺を使ったみそラーメン、とんこつラーメン、それぞれにネギやチャーシューのトッピングです。一押しメニューはその名もキリストラーメンです。基本の中細麺を使ったしょうゆラーメンベースで、山菜、長芋ソテー、ダビデの星型ナルトなどオリジナリティーに富んだトッピングのラーメンです。中新郷村の名所?「キリストの墓」からとったネーミングであり、宗教とは一切の関係はありません。ギョーザ、カレー、牛丼などサイドメニューも大衆食堂なみに豊富です。 三戸郡新郷村戸来金ケ沢下モ平18-1
0178-78-2040
奥入瀬
十和田市の十鉄ビル内にも店舗があります(こちらが本店かも)。蕎麦から丼もの、カレーまで何でもある食堂です。しかしお勧めは、なんといっても「にんにくラーメン」です。田子産のにんにくを練りこんだオリジナルにんにく麺、ガーリックパウダー入りスープ、トッピングにんにくの茎、麺とスープと具材すべてにニンニクが入ってます。醤油のスープにニンニクを組合わせた、県内では元祖的なにんにくラーメンです。見てびっくり、食べてびっくり、食べたあとも臭いでびっくりです。 十和田市大字奥瀬字小沢口90−1
0176-72-3113
小笠原食堂
2店舗がくっついた珍しい造りの建物です。右が「和食処 とわだっ湖」、左が「食事処小笠原食堂」です。蕎麦やウドンはもとより、オムライスにキムチチャーハン、かつ丼や親子丼からうな重や中華丼まであるスーパーオールマイティーな大衆食堂です。料理全般に量も多く、食べ盛りご用達です。個人的お勧めはラーメン用の丼に盛られた「あんかけ焼きそば」です。「ソフト」はノーマルの麺で「ハード」はカリカリの揚げ麺です。ラーメン類も多数あり、焼肉ラーメン、ちゃんぽん麺・・・などオリジナルラーメンも豊富です。 三沢市桜町2丁目15−25
0176-57-1467
ガーリックセンター
元祖で本家本元の「にんにくラーメン」のお店です。日本一と誉れ高い田子特産のにんにくをたっぷりと練りこんだ、中太チリチリ麺(田子町オリジナルの特産品で持ち帰り販売もあります)使用です。醤油ラーメンもありますが、個人的お勧めは味噌ラーメンです。数種類あり、それぞれの味噌ラーメンが個性をだしてます。味噌とニンニクは相性はいうまでもありません。田子町で「ニンニクラーメン」を商品として食べれる食堂施設は、ここと「ラーメン処みろく亭」の2ヶ所しかないそうです。ガーリックセンターは田子町の3セクで、ニンニク関係のお土産品も各種あります。 田子町田子字田子11
0179-32-3165
がんこラーメン鳳凰(下田店)
真っ赤なデザインの店内にはビートルズが流れ、店主の夢は世界チャンピオンという斬新なお店です。あっさり〜こってりを横軸に、斬新〜伝統の縦軸をもつメニュー構成という独特なセンスのラーメン専門店です。個人的なお勧めはあっさり斬新方向にベクトルが向くエビ塩ラーメンです。干しエビの出汁がビートルズくらいきいていて半熟味玉と細ちぢれ麺のワンツウにノックアウトです。コッテリ派には斬新こってりにベクトルが向く、野菜もチャーシューも背油もたっぷりなスーパーヘビーラーメンがお勧めです。 上北郡おいらせ町向山777-18
0178-56-5116
神田川
十和田湖休屋地区の十和田神社に近い場所にあります。ラーメン類、定食類、丼類、カレー、などに飲み物各種あります。ひめます料理に飽きた方には、比内地鶏の肉と玉子100%という比内地鶏親子丼が一押しです。1260円と観光地値段ですが、秋田名物の比内地鶏は一度味わってみる価値ありです。十和田湖は青森と秋田の文化が入り混じるところです。数十店もある食事処の味も、店それぞれにそうとうな個性があります。 十和田市大字奥瀬休屋16
0176-75-2515
喜多方ラーメン
刻乃家、ラーメンショップ、下田らーめん館、麺太郎・・・など連なる下田町の国道4号線沿いにあります。札幌、博多、と並び日本三大ラーメンのひとつに数えられる御当地ラーメンのひとつ、喜多方ラーメンのお店です。麺は少しカンスイ風味のある太めなちぢれ麺です(細麺もあります)。スープはトンコツ、ガラ、煮干しなど調和とれたあっさりバランスタイプです。チャーシューメンを「肉ラーメン」と呼ぶのも本場喜多方風です。ビビンバラーメン、馬肉ラーメン、カニみそラーメンなどこの地方独特のオリジナルメニューもある人気店です。 上北郡おいらせ町下田字中平下長根山1−732
0178-56-2996
喫茶らあく 2012年2月、味噌ラーメンの美味しい喫茶店「喫茶らあく」からレストラン「西洋料理ビストロ らあく」に転身し、大人気だったラーメンメニューが無くなりました。 上北郡七戸町影津内34 - 10
0176-62-6755
キッチンササキ
「キッチンササキ」というハイカラな店名とは相反して、居酒屋的な外観のお店です。でっかい唐揚げの若鶏唐揚げ定食が特に有名なお店ですが、実は定食類のすべてが大抵大盛りで、しかも時代考証が間違ってるんじゃないかと思える低価格なお店です。レバニラ、生姜焼き、トンカツ、ギョーザ、などの食堂メニューからメンチカツ、ハンバーグ、オムレツ、などの洋食メニュー、そして焼き魚、野菜炒めなどの和風メニューに加え各種の麺類、と時代と国を超えたお店です。個人的なお勧めはラーメンセットです。昔ながらの八戸味ラーメンにライスと小鉢がついてます。 八戸市柏崎4-14-20
0178-24-4030
魚群(GYO GUN)
麺屋やだらのニューコンセプト店です。基本メニューは、ミスターアゴ、にぼりゅうしょん、いかりやちょうつけ、以上の3種類です。動物系具材を一切使ってないというミスターアゴは、焼きアゴの旨みに節系が香る超あっさりな塩味です。にぼりゅうしょんは魚介系スープに鶏白湯を合わせ、なんと魚粉と背脂まで投入という味のオールスター的な醤油味ラーメンです。どちらも魚介系のクセなく、旨みだけを抽出したマイルドなスープです。麺は自家製の極細平打ち縮れ麺で、大盛りが無く替え玉システムです。残念ながらサムやマリンちゃんはいません。 八戸市大字湊町字油久保6-3
0178-35-2128
きらく亭
JR三沢駅の正面口にある、おそらく唯一の食堂です。ご飯もの、丼もの、めん類、定食類、何でもある大衆食堂です。ラーメン類も多数あり、お店のお勧めはセットメニューです。しょうゆラーメンにお新香、小鉢、そしてなんと小さめな丼に入ったライス大がついてきます。また、季節限定ほっき丼の加盟店でもあります。市内の約20店舗がそれぞれオリジナルなほっき丼を12月から3月までの冬季限定でやってます。こちらのほっき丼は丼の半分が生ホッキ、あと半分が軽く湯通ししたピンクのホッキが乗ってます。 三沢市本町2-71-1
0176-53-1087
金華楼 本店
庶民派で気取らない値段の大衆食堂的な老舗中華料理店です。八戸市近隣に数店舗あり、名前の通りここが本店です。メニュー全般ボリュームたっぷりで、麺類には各種半チャーハンをセットにできるというリーズナブルさです。麺類で人気はみそラーメンです。中細ちぢれ麺に挽肉入りの野菜炒めがたっぷりトッピング、南部地方特有の独特な風味を持つ味噌を使った味噌ラーメンです。個人的なお勧めはほや海藻ラーメンです。茹でたホヤがトッピングされた塩味スープはクセが無く風味は豊か、八戸のご当地塩ラーメンとなりえる実力派の味です。 八戸市青葉一丁目17-27
0178-43-5554
九州長浜ラーメン
小松笑店
ビルの谷間に夜だけ出現する(昼間は見てもラーメン屋とは気が付きません)九州長浜のトンコツラーメン店です。メインメニューはやはりトンコツラーメンです。白濁した強烈なトンコツスープに極細麺は、正しく です。無料トッピングも辛し高菜とニンニクと本格派の九州ラーメンです。明太子オニギリや高菜オニギリ、ギョウーザもあり、〆ラーメンで食べ過ぎになってしまう病みつきラーメン店です。屋台的なつくりのお店は雰囲気も長浜風です。 八戸市三日町38 花小路ビル1F
090-2844-8612
ごっつりラーメン
基本のラーメンは3種類です。真っ赤でピリ辛、糸唐辛子がトッピングの「赤のごっつりラーメン」、トンコツ乳化スープの「白のごっつりラーメン」、あっさり塩味の「まろやか塩ラーメン」です。赤と白は太縮れ、塩は細縮れ麺使用です。人気の塩ラーメンは、トンコツ、昆布、野菜類に煮干しの風味を加えた力作です。ごっつりとは?南部弁で満足げ、嬉しげな表情だそうです。ここのラーメンを食べてごっつりする人がどんどん増えるように、とのネーミングだそうです。 三戸郡南部町大字苫米地字白山堂1−23
0178-84-4510
ごまそばの店 陣屋
八戸市の製麺会社、熊さんが直営するお店です。八食センターの厨スタジアム街にあります。厨スタジアムには4店舗の食事処があつまっていて中央広場のテーブルにて各お店のメニューが食べれます。注文は各店舗にてですが、テーブル番号を伝えて出前もOKです。書くお店の食事を持ち寄ってみんなで食べれます。ここ「ごまそばの店 陣屋」では店名を冠したごまそばがお店一押しですが、個人的なお勧めは「そば屋の中華」です。焼干しを使った香り高いスープに細縮れ麺、チャーシュー、ワカメ、ナルトになぜか麩がトッピングされた、津軽衆の大好きな中華そばです。 /B> 八戸市河原木字神才22-2八食センター内
0178-20-2039
さつき
ショッピングモール・リーブ内食事コーナーです。リーブとは六ヶ所唯一のショッピングセンターで、日常生活関係のすべてがここでOKです。麺類各種、丼もの各種、カレー各種、この3品がメニューの中心です。丼は言うまでも無く、ラーメン、そば、などの麺類もミニにできるのが特徴です。それぞれを組み合わせて自分流のセットにできるので、数え切れないくらいのメニュー品数になってます。手頃な値段で簡単にお腹いっぱい大満足です。お昼の時間帯は周辺のサラリーマンで大混雑する超人気店です。 上北郡六ヶ所村大字尾駮字野附1-68
0175-72-3061
さつき食堂
ラーメン、塩ラーメン400円、かけそば、かけうどん350円、と田舎値段になってます。2004年2月現在、前後10Kmにコンビニや食堂はありません。このあたりは、1本道です。お腹すいたと思ったら、入るしか道は無し。踏み出せばその一足が道となり道となる。当りか、否か・・・迷わずゆけよ、行けばわかるさ、ありがとう!昼どきは、地回りの営業さんや常連さんでわりと混んでます。 六ケ所村大字出戸字棚沢62−342
0175-77-3053
サッポロ香蘭
三沢店
カウンターと小上がりがある店内は、昼時になると待席のイスまで満席です。醤油や塩ラーメンもありますが、基本はサッポロ味噌ラーメンのお店です。赤味噌、白味噌スープに各種の豊富なトッピングで自分好みの味噌ラーメンがオーダーできます。サッポロから直送という、太めな黄色い縮れ麺は北海道の雰囲気たっぷりです。米軍関係の国際色豊かなお客さんも多く、異国情緒もたっぷりです。女性スタッフが多い家庭的なラーメン店です。同市中央町にある「紅蘭(こうらん)」とは別のお店です。 三沢市堀口2丁目10−1
0176-53-8057
札幌ラーメン
ノサップ
独特なクリーミーさがある濃い味の味噌ラーメンが一押しです。トンコツベースですが臭みはまるで無く、脂も少なめであっさりなスープです。味噌ラーメンの麺としては、全国的定番「西山製麺」の麺を使用するこだわり味噌ラーメンです。ニンニクもきいていてモヤシもタップリ、この丁寧な基本みそラーメンがなんと驚きの500円です。しおラーメン、しょうゆラーメンにいたってはなんと450円です。豆乳ラーメン、かぼちゃラーメン、など気になるオリジナルメニューも盛りだくさんです。 八戸市江陽2丁目7−14
0178-45-7559
里山夢食堂
一押しは、八戸前沖サバだしラーメンです。農作業の手伝いや地場野菜の販売などの手伝いを目的とする「地域間交流研究会はちのへ農援隊」が開発しました。基本のアイディアは、しめサバやサバ味噌煮缶などの加工品を作る際にでるアラを何かに利用できないか?という八戸大学の学生の発想だそうです。3枚におろした際にあまるサバの中骨やカマから丁寧に血合いを取り除き、じっくり煮込みます。生臭さは無くサバの旨みが濃くでた透明なスープです。トッピングはフライパンで作る自家製サバから揚げです。 八戸市三日町11-1八戸ポータルミュージアム(はっち)2F
0178-24-3425(はちのへ農援隊)
しおで
昭和58年創業以来、無添加にぼし味の支那そば一筋、という老舗ラーメン専門店です。煮干しの旨味たっぷりなスープです。魚だしの苦味や臭みはなく、酸味もほとんどありません。醤油色は薄く、透明感があります。脂も少なくて、正にアッサリ薄味な煮干しスープになってます。脂身の少ないロースチャーシューと多めのネギにメンマ、と古風でシンプルなトッピングです。通常の3倍くらいもある、大きいレンゲが目をひきます。思ったより、スープが飲みやすい大きさです。八戸地方の本来の懐かしい味です。 八戸市大字新井田字松山下野場7−6
0178-25-6348
芝のらーめん屋さん
(八戸沼館店)
全国のイトーヨーカドー内に存在するラーメン屋さんです。青森県では他に青森店と弘前店のヨーカドーの合計3店舗です。ポークとチキンがベースだというスープは、マイルドな全国的味のバランスタイプです。低温熟成というこだわり麺は、カンスイの風味があり伸びにくいタイプです。醤油、味噌、塩系と各種があります。個人的お勧めは味噌と塩にある、野菜たっぷりバージョンのラーメンです。モヤシ、玉葱、ニンジン、きくらげ、豚バラ肉がたっぷりのってます。ハーフサイズのゆで卵もトッピングの、超具沢山です。 八戸市沼館4-7-111イトーヨーカドー八戸沼館店
0178-71-3009
下田ラーメン館
ガラのコクに煮干の旨みと香りの強いスープです。肉感たっぷり、味の深いチャーシューです。麺に使用する小麦粉は国産有機農法小麦粉100%というこだわりラーメン店です。麺は、もちもち麺、極細ちりちり麺、中太の3種類から選べます。地元カトー醤油(株)の特級本醸造を使う、こだわり無化調の本格煮干し中華です。スープを飲んだ後、酢を入れ、黒コショウをたすと旨みの深さ増大します、との蘊蓄が店内にありますが、何も入れない、何も足さないが個人的にベストです。ラーメン作りの技術は、津軽のある名店から享受されたそうです。 上北郡おいらせ町下田字神明前12−33
0178-56-5151
春香
焼肉も食べたいしラーメンも食べたい、そんな時に便利です。ここは、基本的に焼肉屋さんですがラーメンの種類も多数あります。しかもランチタイムから営業中です。ガラだしコッテリ、脂多し、チャーシューは肉のうまみが出てて、さすがの焼肉屋さんです。 三戸郡南部町福地大字苫米地字神明下河原52
0178-84-3984
しょうゆ屋麺福
閉店・3色あるしょうゆ麺のお店でした。 おいらせ町下田
食事処 大吉
七戸町の旧国道4号線にある老舗食堂です。雨の日は暖簾を外に出さないという、営業中かどうかがわかりにくいお店です。お店の一押しは、「本場北海道帯広風をアレンジし長時間煮込んだ秘伝のタレで味付した豚丼」らしいですが、個人的お勧めはワンタン麺です。肉や野菜がたっぷり詰まった皮プルプル食感のジャンボワンタンが5,6個トッピング、チャーシューやメンマに麩まで載ったあっさり醤油スープのラーメンです。ただし、一番人気はボリュームたっぷりなホルモン定食とふわふわ玉子のカツ丼だそうです。定食の種類も多く昼時には混み合う人気店です。 上北郡七戸町立野頭1-3
0176-62-4655
正華
(中華料理 正華)
八戸市役所のすぐ前という市街地にある老舗中華料理店です。店の外にはロウ造りの食品サンプルがあり、昭和の雰囲気たっぷりなお店です。八戸市内を中心に約30店の加盟店にて出している「八戸らーめん」が一押しです。煮干しがメインでアッサリな八戸市の昔味ラーメンです。全店舗同じレシピで、というコンセプトで提供してますが実はかなりの味の違いがあります。個人的にはここが一番のお勧め店です。ご主人が八戸らーめん開発の中心人物だったこともあり、細部までレシピ通りの調理を守り開発当初の味を保っています。 八戸市内丸3-1-38
0178-22-5980
勢登鮨
驚きの組み合わせ、ラーメンと握り寿司のセットが人気です。カマボコが入った魚市場的トッピングのラーメンと市場直送新鮮なネタの握りずしとのセットです。すし屋でさえもめったに見かけない「イカゲソ握り」など新鮮で透明なイカを堪能できます。イカの街八戸ならでは、です。八食センターは八戸市の総合食品市場です。生ものから乾き物、生活用品までなんでもそろいます。なかでも鮮魚は市内でも一番の品揃えです。また、麺道大陸、麺道蘭などラーメン店もいい品揃えになってます。 八戸市大字河原木字神才17−4八戸総合食品センター新飲食棟
0178-28-9300
そべーぴ
2009年1月移転しました。SOBE−PIという看板に、シンプルなデザインのおしゃれな外観です。スープは無化調の自家製です。醤油ラーメンは和歌山の再仕込み醤油、みそラーメンは自家製の4種類の味噌をブレンド、たんたんめんは自家製ラー油使用、と自家製にこだわってます。さらに豆板醤も自家製です。塩味を抑え、さらっとフリカケみたいなラーメン専用ともいえる一品です。低カンスイという自家製麺は、柔らかくするっと食べれる独特の食感です。角煮と間違えそうなくらいボリューム満点の柔らか自家製チャーシューも秀逸です。 十和田市穂並町1-30
0176-25-1028
だいち麺家
みそ、しょうゆ、しお、辛い系、というメニュー構成のラーメン専門店です。太めな玉子麺を使用の味噌ラーメンは、トンコツベーススープにゴマの風味がきいたこってり味です。モヤシとキャベツが満載の野菜ラーメンです。バラ肉を巻いた脂多めな柔らかタイプの厚切りチャーシューがどっさりのったチャーシューメンは、レモンをあしらったニュータイプの味です。辛い系のラーメンはラー油を使った真赤なピリ辛ラーメンです。七分目チャーハンや鶏そぼろごはんなど、ご飯関係のサイドメニューもあります。 上北郡東北町大字大浦字立野66−2
0176-58-1117
大陸ヌードル 閉店(?)〜店名変更、八戸麺道大陸が移転したあとに出来た姉妹店のラーメン屋さんでしたが元に戻りました。390円の「390ラーメン」が人気でした。 八戸市河原木八食センター
大龍十和田店
基本は、8〜10時間かけて煮込んだというトンコツスープです。白濁した乳化タイプですが、臭みはまるでありません。ちょいチヂレた太目の黄色い麺に、この濃厚トンコツスープとの組み合わせは、まぎれもなくオリジナル青森風とんこつラーメンです。本店は、八戸市河原木字高舘根前36−3にあります。久留米市の有名店である大龍とは関係ありません。ローストしてある丁寧な調理のチャーシューです。バラを巻いた超とろけるタイプで、箸で持ち上げ不可能です。 十和田市大字三本木字一本木沢205-10
0176-25-8070
大龍野辺地店
八戸市を総本山とする大龍の野辺地店です。オリジナル豚骨スープは油多目のコッテリながらも臭みはほとんど無くさっぱり食べれます。青森風にアレンジされた白濁のトンコツ乳化スープです。大龍一押しはやはり、バラ肉を巻いたタイプのその名もトロケルチャーシューを使ったチャーシューメンです。基本は味噌あじですが、醤油あじもあります。モヤシとニラが山盛りトッピングでピリ辛な、ニラからしラーメンも個人的お勧めです。ニラなんばん丼、チャーマヨ丼、そぼろ丼、自家製の大龍餃子などサイドメニューも充実です。 上北郡野辺地町字野辺地314-1
武寿司
お寿司屋さんです。普通の寿司屋と違うのは、寿司以外のメニューの豊富さです。エビフライ定食、トンカツ定食、野菜炒め定食、カツ丼、親子丼、かき揚げ丼、エビカレー、カツカレー、ハンバーグカレー・・・大衆食堂なみのメニューです。麺類もラーメン類、ウドン類、蕎麦類、焼きそばまでほぼ何でもあります。ラーメン類で個人的お勧めは、塩ラーメンです。ガラと昆布がきいたあっさりスープに極細のちぢれ麺をつかったやさしい味の塩味ラーメンです。本職のニギリ寿司がついた、ラーメン寿司セットもお勧めです。 上北郡六ケ所村泊川原75-641
0175-77-2054
(中華 達)
JR八戸駅前にある大衆食堂的な中華料理屋さんです。メニューは、麺類、飯類、スープ、一品料理に分かれています。一番人気は一品料理のからあげにライスをつけた定食です。ジャガイモほどの大きな鶏唐揚げがごろごろと6個も盛られた皿は圧巻です。麺類や飯類はすべて低価格で量が多い店としても評判です。焼きそばやチャーハンをうっかり大盛りで頼むと見た目でノックアウト(持ち帰りもOKなので食べきれなくても大丈夫)です。五目ラーメンや天津メン、マーボメンなど中華料理のあんかけラーメンも人気です。 八戸市一番町1丁目3-15
0178-27-4285
だるまや
六ヶ所村には「日本原燃」関連施設がたくさんあり、携わる人は全国からやってきます。ここは、エビフライ定食990円やヒレカツ定食990円など、全国の平均的な味と帆立ずくし1600円、キンキン塩焼定食1500円のような青森県や下北地方名物の味がすべて食べれます。価格的にも地元民の食堂ではありませんが、焼きそば・うどん580円、カレーライス680円など庶民対応メニューもあります。ラーメン630円はチジレ細麺のバランススープで、全国平均的な味になってます。 上北郡六ヶ所村大字尾駮字家ノ前4−47
0175-72-2477
たんぼのちゃや
店名からは想像もできませんが、カレーとラーメンのお店です。食材は地産池消を心がけた無農薬野菜など厳選の素材だそうです。自家製のカレーは、ラム、ポーク、ビーフ、チキンなど定番にホタテ、ソーセージ、白身魚のフライ、野菜、トンカツなど手作り惣菜のトッピングがあり、辛さも9段階から選べるという拘りものです。ラーメンも醤油、塩、味噌の定番品意外に、辛さの選べる辛みそや海鮮ラーメンやスタミナカツラーメンなどオリジナルメニューも盛りだくさんです。十和田バラ焼き攻略マップに掲載店、定食ものも多数あります。 十和田市大字法量字家ノ前70-1
0176-72-2533
ちから支那そば
野辺地方向から4号線を十和田市に向かうと、天間林村役場の少し手前左側にあります。秋田比内鳥のだしを使ったという、鶏脂コッテリのスープです。醤油味は濃くなく、香りもよい鶏味スープです。メンマ、ネギ、チャーシューに海苔、麩、なると、のトッピングです。体に優しそうな味のガラだしこってりラーメンです。ご主人が相撲好きなのか店内には、星取り表など相撲関係の張り紙ポスターがたくさん貼ってあります。 上北郡七戸町字森ケ沢215−3
0176-68-2063
忠衛門
業務用ラーメンシェア全国NO.1、八戸市に本社を構える熊さん株式会社の直営店です。更科そばとやぶそばを一本化したという羽州比内朝夜そばが中心メニューです。裏と表で、色も味も食感もすべてが違う不思議な蕎麦です。せいろ、温かい蕎麦、いろんなメニューで頂けます。比内地鶏を使った出汁しの蕎麦や、親子丼も一押しのメニューです。個人的なお勧めはその出汁しを使った比内地鶏ラーメンです。比内地鶏を使ったスープの贅沢な塩味ラーメンです。糸唐辛子とホウレンソウがトッピングされた高級感漂う一杯です。親子丼との半分丼セットもあり、こちらもお勧めです。 八戸市城下三丁目12-3
0178-20-0551
中国料理庄屋
(長苗代店)
早い、安い、旨いがもっとーの中国料理店です。八戸市には、沼館店と是川店(本店)があります。メニューも多数あり、幅広い年齢層の方に好評なファミリーユースなお店です。麺類では、モヤシたっぷり胡麻風味の「味噌ラーメン」と「あんかけ焼きそば」がお勧めです。地元で評判の高い松橋製麺の太麺はコシがあり、濃い味のあんかけやきそばや味噌ラーメンにピッタリです。低価格で本格中華の定食が食べれる、週がわりランチも人気です。全国チェーンの居酒屋庄やとは違います。 八戸市大字長苗代字中坪105
0178-28-1714
鉄五郎
八食センターとは、八戸市近郊の名物や新鮮魚介類に新鮮野菜、お土産品やお酒類、生活雑貨まで約60店舗が居並ぶ巨大市場兼スーパーです。センター内には「味横丁」と「厨スタジアム」という二ヶ所のレストランコーナーがあります。鉄五郎があるのは八食センターの南側の端、味横丁です。こちらには麺道蘭など数店舗があり、通路まんなかのフリースペースですべてのお店のメニューを皆で食べれます。お勧めは、お店も一押しの頑固シナそばです。魚介とトンコツのあっさりWスープに細ちぢれ麺、八戸の味です。 八戸市河原木字神才22-2(八食センター)
0178-28-5938
哲麺 十和田店
(三十代目 哲麺)
低投資のれん分けラーメン店「哲麺」のFC店です。店のできた順番で、○代目 となります。FCとはいえラーメンのこだわりに関しては妥協を許しません。豚骨を6時間、鶏は3時間、別々に煮だし、宗田かつお節・サバ節・カツオ節・ムロアジ節に昆布だし加え、マー油で仕上げるというスープはクリーミーで奥深い味です。博多トンコツラーメン風の低加水極細ストレート麺を使用、茹で具合は、やわらかめ(90秒)、ちょいやわ(75秒)、ふつう(60秒)、ちょいかた(45秒)、かため(30秒)、ばりかた(15秒)、はりがね(8秒)、こなおとし(2秒)と指定できるのも九州ラーメン風です。 十和田市稲生町13ー16 第一益川ビル1F
050-5852-4009
天下一品
生姜焼き定食からカツカレーなどご飯ものも豊富です。日替わり定食もあります。ラーメンも正油、塩、みそ、辛みそ、カレーラーメンと種類豊富なラインナップです。野菜・いか・たこ・カニまるごと1匹入った「天下ラーメン(みそ味)」と「辛みそラーメン」が人気らしいです。ギョウザが3種類あり、焼きギョウザ、イカギョウザ、キムチギョウザ、それぞれ持ち帰りもできます。餃子で有名なチェーン店「天下一品」ともツケ麺の「天下一」とも関係無いみたいです。 三沢市大字三沢字猫又22−135
0176-52-6313
天下御麺風林花山
(河原木店)
八戸市内に新湊店と城下店を含め3店舗あります。ここ河原木店が初代開店のお店です。メインメニューは、たまり醤油ラーメン、風林花山ラーメン、信玄ラーメンの白と紅、に加え各店のオリジナル創作ラーメンとなってます。一番人気は店名を冠した風林花山ラーメンです。白濁乳化のトンコツスープにバラ肉チャーシュー、味付け玉子、野菜と糸唐辛子、ピリ辛で濃厚コッテリなラーメンです。四天王セットなど、お得でボリュームたっぷりなセット物も人気です。また「八戸らーめん」の加盟店でもあります。 八戸市大字河原木字高館根前35-3
0178-21-2361
天狗
南部町国道4号線沿いにある老舗のドライブインです。駐車場も広くて、昼時は満車になる人気店です。食べたいものがなんでもある、メニューの多さが人気の秘密?  しかし・・・なんで、天狗? 三戸郡南部町大字沖田面字久保50
0179-34-2003
天間林ドライブイン
天間林村の特産で、栄養価が高く最高の健康食品といわれるアピオスはカルシウムや鉄分を多く含み、栄養価が非常に高いおイモだそうです。天間林村と同農協が研究を重ね、このアピオスを練りこんだ「アピオス麺」を完成させました。アピオス麺を使ったラーメンは、村の数ヶ所の食堂で食べれます。ここでは味噌ラーメンがお勧めです。適度なコシがあり表面がツルツルした食感のもちもち麺です。村内の農協ストアーで販売(一玉120円)もしています。 上北郡七戸町字道ノ上40−8
0176-68-2073
刻乃屋
横浜市・近藤家系の店である、大和市・桃家。刻乃屋の店主は、この桃家で修行し暖簾わけ独立しました。オープン当初から、桃家より提給される「桃エキス入りタレ」の使用で、桃家とほぼ同じ味を提供してました。スープは鶏ガラと強烈な豚骨スープの超コッテリタイプです。醤油たれ、辛味味噌などの調味料を自分で調整する、お客の腕も試される調理参加型ラーメンになってます。家系の孫くらいの位置になりますが、青森県では数少ない貴重な正統家系の味です。弁当持込もOK、庶民派サービスのラーメン店です。 十和田市大字三本木字野崎40-114
0176-25-3177
どっさりラーメンげん 閉店・どっさり野菜らーめん、どっさりチャーシューらーめんのお店でした。 十和田市洞内
刻乃屋八戸店 閉店・上記の十和田市にある「刻乃屋」の分店でした。味の方向性の違いのため独立し「家系家」というお店になりました。 八戸市河原木
ドライブイン多賀台
みかけは、ごく普通のドライブインです。しかしお品書きを見ると・・・本格中華料理店なみのメニューが揃った驚きの食堂です。ラーメンは中華のチンタンスープ系のあっさり薄味です。加水高めな中細のチヂレ麺に、堅めロースのチャーシューです。芝海老そば(蝦仁湯麺)、細切り豚肉そば(肉糸湯麺)、細切り牛肉そば(牛肉糸湯麺)、鳥肉そば(鶏片湯麺)・・・など本格中華の湯麺(ラーメン類)がたくさんあります。単品の中華料理も本格派です。チャーハンの種類も多く、値段も手ごろなうれしい店です。 八戸市大字市川町字南雷平72−22
0178-52-6861
ドライブイン民宿 桂月
青森県側から十和田湖に向かう方向にある、ただ一つのドライブインです。名前の通り、民宿もやってます。県産牛を使ったバラ焼き定食、南部の郷土料理であるせんべい汁などの観光客向けメニューから、ラーメン、そば、ウドンなどの庶民派メニューまで盛りだくさんです。中でも個人的なお勧めは、とろ卵ラーメンです。ラーメンに溶き卵のとろみがはいった、温まる一品です。すべてのラーメンは、小ライスに小鉢のオカズ、お新香がついたラーメン定食にできます。 十和田市法量焼山64-263
0176-74-2237
とんこつ ラーメン利尻 閉店・北海道利尻産お昆布を使ったトンコツスープのお店でした。 三戸郡階上町蒼前
なくい
田子町の商店街サンモールタッコの老舗食堂です。特製の天丼とカツ丼が、一押しの店です。醤油ラーメンは、トンコツ味がつよい甘めのスープに極細のちぢれ少なめ麺のアッサリタイプです。赤っぽく、肉質感タップリなチャーシューが独特です。ここでは、田子町特産のニンニクラーメンをおいてません。町内の食堂では、どこにでもあると勘違いし注文する方がけっこういるみたいです。ニンニクラーメンがあるのは、ガーリックセンターとラーメン処みろく亭の2ヶ所です。気をつけましょう。 三戸郡田子町大字田子字天神堂向123
0179-32-4655
菜の花プラザ鮮菜
(道の駅よこはま)
鮮菜は「せんな」と読みます。横浜町は、菜の花畑となまこで有名です。菜の花製品とナマコのお土産品がいっぱいです。ホタテ入りコロッケと菜の花ドーナッツは、もはや定番の人気商品になってます。ここの名物麺は「ほたて塩ラーメン」です。あっさりな海鮮の塩味スープに中細のちぢれ麺です。トッピングのホタテは、やや小ぶりながら新鮮で食べ応えあるものです。ネギ、メンマにモヤシとワカメがトッピングの典型的な下北地方塩ラーメンです。なぜか、人気NO.2だそうです。 上北郡横浜町字林ノ脇79−12
0175-78-6687
成田食堂 閉店・十和田市の中心街にある、麺類も各種、丼、定食から郷土料理、なんでもありの家庭的な老舗食堂でした。 十和田市稲生町
沼館食堂
(ぬまだて食堂)
安くてボリュームたっぷりを地で行く定食メニューが豊富な大人気の老舗大衆食堂です。八戸市民定番の看板メニューは生姜焼き定食と野菜炒め定食です。共にメインの生姜焼きや野菜炒めの他に、目玉焼き2個、長芋に生玉子、千切りキャベツの中に茹で玉子、と玉子を贅沢に使うのが特徴です。ラーメン類でお勧めは中細縮れ麺を使った塩味スープの五目ラーメンです。チャーシュー、豚バラ肉、蒲鉾、エビ、ニンジン、キャベツ、椎茸、ネギ、ホウレンソウ、そして玉子2個、と超贅沢トッピングになってます。 八戸市沼館2-11-20
0178-45-6238
のへじ駅前カフェ
北前茶屋
野辺地町では町の特産品を使って考案された統一レシピのラーメンを「のへじ北前ラーメン」と銘打って町内の10数店で提供しています。「のへじ北前ラーメン」とは、1.野辺地産ほたてをスープに加える。 2.スープは黄金色 3.野辺地特産「河原決明-かわらけつめい-」の微粉末・濃縮液を練り込んだ細縮れ麺。 4.トッピングに野辺地名物とりめし弁当を彷彿させる「鶏チャーシュー」を使用する、この4つの条件を備えた海鮮ラーメンです。こちらは青い森鉄道野辺地駅の駅舎のなかにある文字通り「カフェ」ですが、軽い食事やファストフードに加え、件の「のへじ北前ラーメン」もいただけます。 上北郡野辺地町中小中野17-17 野辺地町観光物産PRセンター 1F
博多屋
とんこつ臭の強い白濁乳化スープ、加水率の低い極細ストレート麺、テーブルに置いてあるトッピング辛し高菜、青森県内では最高レベルの本格九州味です。青森県民用に、ほそ麺、ちり麺もあり、臭さもある程度抑えられてます。それでも、九州ラーメンに馴染みの無い人には辛いかも知れません。店主の湯きりもあざやかです。替え玉しても温かいまま食べれます。一つ気になるのが、白ネギ(長ネギ)の使用です。ここまでこだわったら、万能ネギの方が良いと思うのですが・・ 八戸市河原木字下谷地16−1
0178-28-6889
浜の名物 そば処
八戸市舘鼻漁港にある、浜のスーパー漁港ストア一角のお食事コーナーです。震災で甚大な被害をうけたものの力強く復活しました。「旨い・安い・早い」がモットーの庶民派食堂です。メニュ−はほとんどが麺類です。個人的なお勧めは海鮮支那そばです。トッピングにイカゲソ天とチクワとワカメ、わくわくするB級グルメです。大量船、ちびっこそば、はやてラーメン、など食べてみないと正体不明な面白メニューもあります。毎月一回(一日限り)”感謝の日”を定め、めん類すべて半額サービスとなってます。いつなのかは誰も知りません。 八戸市新湊三丁目4-20
0178-33-2244
彦まる
スープは2種類で麺が4種類、つごう8種類の基本ラーメンがあります。チャーシューはすべて県産豚のバラ、もも肉を使ったこだわりものです。お勧めは醤油まで地元産品にこだわった「昔々中華そば」です。スープは天然無添加化学調味料ゼロで、田子産ニンニク、煮干し、昆布などすべて地元産の厳選素材だそうです。中細のちぢれ麺にナルト、メンマ、ネギ、海苔がトッピング、シンプルなのが懐かしい、昭和40年代の味を目指したという八戸の昔味ラーメンです。丼の底には○○○の文字が!完食しないと見れません。 八戸市新井田西1丁目2-12
0178-25-5919
ひまわり亭
(三沢通り店)
惣菜を器にとり、レジにて計量精算するシステムのおかずバイキングのお店です。店内でゆっくり食事できますが、自分でセレクトしたオリジナル弁当として持ち帰りもできます。惣菜は、すべて保存料などの添加物を使わない健康指向です。十和田市では老舗の小関麺使用で、ラーメンもソバもウドンも味はお墨付きです。支那そばは煮干しのきいた懐かし味、ウドンは厳選された国産小麦使用です。ここのほかに十和田市内2店舗、計3店舗あります。家庭的な味と雰囲気で昼時は大混雑の人気店です。 上北郡六戸町大字折茂字今熊248−278
0176-70-1616
ひめます商店
十和田湖に来てひめます料理にあきたらぜひ食べてみて下さい「きりたんぽラーメン」。3つに切ったきりたんぽ1本とチャーシューの代わりに鶏肉が入ってます。他にも、十和田ますフライラーメン、やトンカツが入ったカツラーメンなど色々あります。休屋のお土産屋さん、ひめますの2階です。 十和田市大字奥瀬字十和田16
0176-75-2505
風来坊
オムライスは3種類、鉄板焼きは6種類、パスタは約10種類、定食も約10種類、カレーとハヤシは約10種類、ラーメンも約5種類、その他諸々なんでもある街の百貨店的スーパーレストランです。ラーメンは豚骨と鶏がらのきいたアッサリスープに中細のストレート麺を使ったやさしい味です。個人的お勧めは、お好きなラーメンとチャーハン、からあげライス、ビーフカレー、カツ丼、焼肉丼、中華丼の何れかを組み合わせるラーメンセットです。特産品直売所や南郷名物そば処などがある、道の駅なんごうの隣りです。 八戸市南郷区市野沢中市野沢13-16
0178-60-8050
フォレスト
ろっかぽっか内にある、食事のみでもOKのレストランです。ろっかぽっかとは、日本原燃(株)が六ヶ所村に寄贈した巨大日帰り温泉施設です。近未来的なデザインの建物には、大浴槽風呂、ヒバ風呂、露天風呂、キッズ風呂、の他に娯楽施設まで完備しています。洋食から和食まで、ディナーからランチまで、広くカバーする多彩なメニューです。名物ラーメンは、山盛りの野菜炒めがトッピングされた甘目で濃い味の北国仕様味噌ラーメンと六ヶ所村特産の長芋がトッピングの醤油ラーメンです。 上北郡六ヶ所村大字鷹架字内子内337
0175-69-1126
不二や食堂
本格手打ちが自慢のお蕎麦屋さんです。もりそば、ざるそば、カレーそば、など蕎麦類は盛りだくさんな品数です。本格手打ちの蕎麦にてんぷらがついた、特製天ざるそばが一押しです。ラーメンは、甘いスープに中細のちぢれ麺です。しまった肉質のチャーシューがいい味だしてます。南部特有の料理であるバラ焼き定食もあります。「バラ焼き」とは、豚バラ肉と玉葱を特製の甘いタレで炒めた料理です。 三戸郡南部町名川大字剣吉字大坊13−10
0178-75-0046
宝介
閉店・東北地方を中心に40店舗以上あるチェーン店。 おいらせ町百石
宝来食堂
中華そば 200円(2017年現在)。知りうる限り、青森県で現在一番の低価格なラーメンです。安いだけではありません。煮干しや昆布、豚骨など自家製のスープを使った本格派のラーメンなんです。お店には「自分で”おいしい”と思うメニューしかお店には出さないのよ」と書いたおばちゃんがピースしているイラストのポスター、看板に偽り無しです。味噌ラーメン 350円、かけそば 250円、玉子丼 300円(何れも2017年現在)も衝撃的な価格ですが、中でも「定食 時価」が超衝撃的です。詳細は、直にお店でお確かめください。 八戸市廿六日町40
0178-43-2860
ぽぷら
ラーメンを中心に、カレーや定食など多数のメニューがあります。昼の11:00から、夜の10:00まで(ラストオーダー9:30)と長い営業時間です。駐車場完備、十和田市の繁華街から近いこともありコンビニエンスなラーメン屋さんです。しょうゆラーメンが450円と、値段もコンビニエンスです。とろけるチャーシューやワンタン、ゆでたまご、のり、ねぎなどのトッピングがあります。カリッと香ばしい焼きワンタンが個人的なお勧めです。お店の一押しお勧めメニューは「とりだし中華そば」だそうです。 十和田市稲生町10−19
0176-23-3081
松家食堂
生うに、アワビ、刺身など高級食材が中心メニューのお店です。生うにを使った・生うに丼、うにを玉子でとじた・うに丼、うにを炊き込んだ・うにめし、うにとアワビの・いちご煮など、ウニを使った郷土料理では定評あるお店です。また、これら新鮮な食材をいかした定食も豊富で値段もそれなりに・・・です。そんな中、海の幸満載の海鮮ラーメンが個人的なお勧めです。生ワカメ、めかぶ、そしてウニとカニがトッピングの塩味ラーメンです。夢のような高級トッピングですが、値段は庶民的になってます。 八戸市大字鮫町字棚久保14
0178-38-2428
道の駅おがわら湖
レストラン ポロトピア 」へ
東北町
道の駅とわだ
レストランつつじ 」へ
十和田市
道の駅よこはま
菜の花プラザ鮮菜 」へ
横浜町
民芸屋台村
H13年6月、新鮮な果物や野菜の産直チェリーセンターとなりにオープンしました。地鶏ラーメン390円はお徳です。他にも各種の蕎麦や秘伝のカレー、黒米おにぎり、など興味をそそるメニューがたくさんあります。さくらんぼ祭りシーズンは、摘みたての佐藤錦が載ったソフトクリーム、パイ、シュークリームなどのスウィーツも食べれます。チェリーセンターでは、地元名川町の季節野菜や果物を格安で販売しています。ドライブの休憩にぴったりな産直センターです。 三戸郡南部町名川大字虎渡字西山25−1
0178-75-0103
麺菜館
「ラーメン系」のガラだしあっさりスープと「支那そば系」の煮干しスープの2系統のスープがあります。麺は麺道蘭でおなじみ、麺の木村屋の細ちぢれ麺です。店内には各ラーメンの栄養成分を表示してあり、たんぱく質、脂肪、カルシュームや総カロリーなど一目でわかります。ヘルシーラーメン(356kcal)は、ダイエット中の方にお勧めです。また、トッピングがネギのみのかけラーメン(250円)は、辛抱中の方にお勧めです。ふかひれ姿ラーメン(1300円)は、確変中の方に・・・。 三戸郡階上町蒼前東1丁目9−97
麺心 閉店・2005,5 閉店。シャモロックラーメンの店。 六戸町犬落瀬
麺太朗
とんこつスープと丸鶏スープの2系統があります。とんこつ系には、醤油、みそ、塩味があります。味もとんこつ脂も濃い、こってりスープです。関西方面で見かけるタイプの、臭みの無いとんこつしょうゆラーメンになってます。チャーシューはバラを巻いた脂身多めタイプで、コッテリ感がさらにアップしてます。太めでちじれの少ない麺は、この濃厚スープによくマッチしてます。丸鶏系には、醤油と塩味があります。ラーメンとチャーハンや餃子がセットになった日替わり定食もあります。 上北郡おいらせ町下田字中平下長根山1−1137
0178-56-5572
麺道 匠味
麺道 匠味、読みはメンドウタクミです。ラーメンメニューは中華そば、醤油ラーメン、味噌ラーメン、辛みそキムチ、あっさり塩、塩とんこつ、魚介とんこつ、ラーメン専門店としては豊富です。トンコツが利いたこの地特有の昔ながらの味、中華そばもありますが、塩とんこつや辛みそキムチなど、若い感覚で自由な発想のメニューが一押しです。チャーシュー、ネギなどお馴染みのトッピングも手間をかけた逸品な仕上がりです。具材に拘った手作りギョーザもお勧めです。 上北郡東北町旭北1丁目739-3
0176-56-3963
麺道蘭
(野辺地店)
八戸市の製麺屋さん麺の木村屋直営店とそのFC店です(二戸、三沢、八戸、浪岡などあり)。鯵だしメインの和風ラーメンと豚骨メインの濃厚系に大別できます。麺がそれぞれ、細麺チリチリと太麺に使いわけされてます。ここは元々「レストラン常夜燈」でした。店内はテーブル席と畳敷きの大広間席がある大衆食堂風で、他店と少し趣きが違います。また、現在でもレストラン常夜燈時代のメニューが存在しています。かっとびラーメンと焼肉定食というオーダーでもOKです。 上北郡野辺地町干草橋64−2
0175-64-0007
麺道蘭
(八食センター店)
上記と同じFC店です。せっかく八戸市まで来たのに八戸ラーメンと八戸支那そばを間違えて食べて帰る人が、けっこういるみたいです。ここ麺道蘭は、八戸市のラーメン屋さんが共同で開発した「八戸ラーメン」です。食材の鬼佐野実氏と元大陸飯店料理長がラー博で創りあげたのは「八戸支那そば」で、お店は、同八食センター内「八戸麺道大陸」です。八戸支那そばは、八戸麺道大陸だけです。八戸ラーメンは麺道蘭をふくめ、八戸市内の協力各店で食べれます。 八戸市河原木字神才22-2八食センター内
0178-28-9334
麺の房ながおか 閉店・本格派の博多ラーメン店でした。(旧・山下商店) 八戸市石堂
めんめん
店内フリップによると、醤油、味噌、塩、とんこつ、この4種類の基本スープにこだわりあり、だそうです。女性の店員さんの活気もあり、お昼は大賑わいです。お勧めは、牛焼肉セットです。タップリ野菜とタップリ牛肉の炒め物、茶碗大盛りの半?ライス、半ラーメン、この3点セットで低価格におさえたコストパフォーマンスなセットです。ボリュームにもこだわりありです。チャーシュー8枚いりの八枚チャーシューメン(写真)もボリュームたっぷりです。むつ湾ラーメンというものが気になります。 上北郡野辺地町字白岩向3−1
0175-64-9772
麺屋茂二総本店 閉店・長時間煮込んだ肩ロースを七輪の炭火で焼く炭火とろチャーシュー麺が一押しでした。 十和田市洞内
麺屋麺幸 閉店・独自のブレンド味噌を使った自家製ニラなんばんのお店でした。 三戸郡南部町沖田面
麺屋やだら
2008年夏移転、スタッフも増えキャパも大幅に拡大しました。真っ黒い建物に秘伝黒マー油のトレードマークは同じです。麺1.5玉、2玉の大盛りが値段変わらずという大サービスも同じです。ニンニクの風味がきいた看板ラーメン「特製黒」は、スープ表面を覆う真っ黒いマー油と大量の背油で見た目のインパクトも絶大です。新メニューの「魚豚・うおとん」は、鰹の出汁と風味にトンコツスープの新しい組み合わせです。やたら旨いのでYADARA、店名はベタですがラーメンの実力は真打ちです。 八戸市石堂4-14-7
0178-44-0366
もっきり亭
恵ちゃん
基本的には居酒屋です。店名にもある、各種銘柄のもっきり日本酒と生地から手造りの自家製ピザが名物です。ランチタイムにはラーメンや定食が食べれる、ここら辺では貴重な食堂になります。ラーメンじは、しょうゆ、しお、みその3種類です。お勧めは、ライスと小鉢がついたラーメン定食です。その他に麺類はやきそば、やきうどん、ご飯類にはかつカレー、チャーハン、牛丼、かに雑炊、定食類にはとんかつ定食、ギョーザ定食などあります。 上北郡六ヶ所村大字尾駮字野附52
0175-72-4235
モナコ食堂
三沢市街地、唐突に「大衆食堂モナコ」の看板があります。店名の由来を現店主さんに聞いたところ、前店主さんがつけたので分からない、とのことでした。しかしご安心ください、ユニークなのは店名だけです。麺類は各種ラーメンからザルにそばにウドンまで多彩です。同市内にあるチーズロールで有名な丸美屋製麺の麺を使ってます。個人的なお勧めは肉感たっぷりなチャーシューがトッピングされたチャーシューメンです。オムライスやカレーにチャーハンなど洋食も人気です。 三沢市下久保3-15-10
0176-53-2772
山下商店 店名変更→麺の房ながおか 八戸市石堂
夢の森レストハウス
ルーラル
倉石夢の森ハイランド内の軽食レストランです。正式名称は倉石夢の森ハイランド夢の森レストハウスルーラルと、少し長いです。麺道蘭でおなじみの麺の木村屋中太ちぢれ麺を使用です。麩と海苔がのったほんわか味です。倉石牛コロッケは、倉石牛が何粒入ってるのか探して楽しめます。となりの産直では、アピオスや林檎を使った手作りアイス、倉石牛などの地元製品がたくさんあります。 三戸郡五戸町倉石大字石沢下雨原平−99
0178-77-3131
百合子食堂 閉店・ボリューム満点なミソラーメンが人気でした 上北郡六ケ所村尾駮
らーめん元楽
(げんらく)
基本スープは2種類です。鹿角八幡平産豚を使用した無化調の「豚骨スープ」と岩手県産鶏の肉付丸鶏でとった「あっさり地鶏」スープです。バラ肉の4面を焼いてから特製タレで煮込んで漬けるチャーシュー、半熟に煮た玉子を自家製ダレにじっくり漬け込む味玉など、こだわりのラーメン店です。自家製の特製ダレで味付けした超長いメンマ入りの「超ながメンマラーメン」(写真)が、個人的一押しです。穂先から縦に切った超長い(割り箸より長い!)メンマが8本入ってます。 八戸市大字新井田字法光野23−1
0178-25-8466
ラーメンショップ
下田青葉店

ラーメンショップ系のメニューは当たり前にありますが、人気はここ青葉店オリジナルメニューです。煮干氏(メニュー名)はアッサリニボシとヤリスギニボシ、ヤリスギニボシはトンコツスープに濃厚煮干しと正しくネーミングのとおり、津軽地域ではもはやポピュラーですが南部地域では珍しい味です。一番人気で個人的なお勧めはいわゆる二郎系のラウド(写真はラウド小ヤサイマシ)です。ニンニク、ヤサイ、アブラ、カラメの無料トッピングを呪文のように注文します。朝6時31分オープンのため、人気メニューは午前中に売り切れる時も有ります、ご注意ください。 上北郡おいらせ町青葉5丁目50-197-B
0176-52-2432
ラーメンショップ
天間林店

県内のラーメンショップの中では評判の高い、自家製麺の店「ラーメンショップ平内店」の支店です。自家製麺も、スープも、値段も、あさ6時31分開店も、そして店員までも同じです。基本のラーメン380円です。ジャンボラーメン(麺4玉、スープ2杯分)を30分以内で食べたら無料というイベントを常時やってます。挑戦してみてはどうでしょう?けっこう、成功者は多いみたいです。ライス130円でおかわり自由です。みちのく有料道路を使い、青森〜八戸を往来するときは便利な場所です。 上北郡七戸町大字天間舘字後平(国道4号沿い)
017-757-2730(平内店)
ラーメン大将
このあたり、なにげにラーメン激戦地区です。そんな中、絶大な人気を保っているラーメン店です。プレハブ風の店舗の中は、カウンター6席、4人テーブル2席、2人テーブル2席と広くはありません。しかし驚きは、注文から配膳までの時間です。どんなラーメンでもチャーハンでさえ、平均2分30秒(自分調べ)で出来上がります。個人的お勧めで、人気第一位は驚きの低価格「ラーメンストレート」です(2014年現在、250円)。トッピングはネギだけですが昆布とトンコツのあっさりマイルドなスープと細縮れ麺で大満足です。半チャーハンも驚きの低価格、お勧めです。 八戸市八幡下前田25
0178-27-9311
ら−めんつけめん 専
ら−めんつけめん 専という店名ですが、太麺、細麺が選べるらーめんや細麺のしなソバもあります。らーめんとしなソバは同じスープながら、らーめんは油入りのコッテリ、しなソバは油無しのサッパリという仕様になってます。トンコツや野菜の甘み、いろんな素材からの旨みが濃厚にでたマイルドなスープです。お店一押しは店名が示す通り、つけめんです。酸味があるつけ汁にノーマルではトッピング具材は少な目で、麺を楽しむ極太麺のつけめんです。追加トッピングメニューには、のり、わかめ、メンマ、ネギ、チャーシュー、半熟味玉、粉節、があります。 上北郡おいらせ町染屋99-11
0178-50-6612
らーめん寺子屋 麺座 鷲ノ巣
(めんざ わしのす)
ジャズがBGM、黒を基調とした内装、おしゃれなラーメン専門店です。メインメニューは、らーめん、つけめん、光麺(まぜそば)の3種類です。スープはトンコツと鶏ガラを強火で長時間煮込む、濁り白湯のコッテリ濃厚タイプです。自家製の多加水でコシが強くサックリとした食感のストレートタイプの太麺を使用です。トロミのある濃厚スープにぴったりです。基本のらーめんは、醤油味ながら背油も加わった超コッテリな濃厚トンコツタイプです。トッピングは海苔とメンマに味玉、極厚で柔らかな肩ロースチャーシュー、ホウレンソウ、と家系を彷彿させる一杯に仕上がってます。 八戸市沼館1-6-9
0178-45-3454
ラーメンとギョウザ
一番
閉店・魚だしが香る塩ラーメンと手作り餃子のお店でした。 三沢市中央町
ラーメン徳
(高山ラーメン)
一見、ごく普通の民家です。ラーメン、塩ラーメン、しょうゆと塩のチャーシューメン、各種大盛り、各ミニラーメン、ライス、小ライス、コカコーラ、ファンタ、品書きはこれですべてです。お客さんのほとんどすべてが注文するのは、みじん切りにされたネギがたっぷりトッピングされたチャーシューメン塩です。20年以上も変わらぬ味という自慢の自家製スープは、野菜由来の甘みがたっぷりでていて細縮れ麺との相性ばっちりです。バラ肉を使ったチャーシューと太切りのメンマも自家製という拘りのお店です。地元では屋号を使った、高山ラーメンとも呼ばれています。 上北郡七戸町字七戸303
0176-62-5210
ラーメン処 縁
ラーメンドコロエニシと読みます。店内にはテーブル3席とカウンター4,5人があります。メニュートップのラーメンは、トンコツ醤油の濃いスープに中太のストレート麺、チャーシューと海苔とホウレンソウのトッピング、まさしく横浜家系ラーメンです。自分トッピング用の生姜、ニンニク、トウバンジャン、酢などの調味料がテーブル上に置いてあります。お好みの味付けにしてお召し上がりください、とのお勧めも家系形式です。店主の愛想が悪い、との評判ですが、しゃべりが苦手なだけで感じは良い人だ    と思いましょう。同市内、刻ノ家の初代店長でした。       十和田市相坂小林19-4
ラーメン処とん吉
十和田市の郊外、閑静な住宅街のさらに閑静な場所にあります。みそラーメン、しおラーメン、とん吉ラーメンなどいろいろありますが、カツオと煮干の和風だし「支那そば」とすっきり辛い「とん辛ラーメン」が売れすじだそうです。こだわりは、赤字覚悟で使ったという国産豚限定の肩ロースのチャーシューです。肉質重厚、適度な脂身の厚切りチャーシューです。大盛り100円増しで麺2玉、ライス無料とリーズナブルになってます。餃子やセットものも多数あります。 十和田市東十四番町8−32
0176-22-8658
ラーメン処花いちばん
相内辰ノ口から、南部町役場南部分庁舎の横に移転しました。納豆みそラーメンと博多とんこつラーメンの2つが看板メニューです。一押しは超個性的な、なっとうみそラーメンです。細ちぢれ麺を使い、野菜たっぷりで甘めなみそラーメンに、パックから取り出したままのかたまりをそのままソテーして表面をコンガリ焦がした納豆がトッピングです。ネギ博多とんこつらーめんもお勧めです。野菜炒め風な肉野菜の上に白髪ネギがどっさりトッピングです。臭みのないサッパリな豚骨スープに黄色い細ちぢれ麺、こちらも他には無い花いちばんオリジナルの博多ラーメンです。 三戸郡南部町大字沖田面字沖中50
0179-34-3750
ラーメン処みろく亭
田子町内で、町特産のにんにくラーメンを食べれる食堂はガーリックセンターと、ここみろく亭の2ヶ所しかありません。あとはお土産ラーメン買って自分で作るのみ、です。ここの特製にんにくラーメンは、鶏がらアッサリの醤油スープがベースです。一粒そのまんまを焼いた粒ニンニクが数個とニンニクの茎がトッピングです。面白いネーミングで看板ラーメンである「男ごろしラーメン」は、ネギ大盛りのピリ辛な味噌ラーメンです。麺大盛りが無く、茶碗に7分盛りの無料ライスがあります。 三戸郡田子町大字田子字天神堂向41−4
0179-32-2774
ラーメンはやて 閉店・野辺地町産の素材を使用した、野辺地野菜合せみそラーメンが名物でした。 上北郡野辺地町一ノ渡
ラーメン屋十和田店
ラーメンショップに似たデザインの外観ですが違います。十和田店とありますが、他にはありません。しょうゆ味、みそ味をベースのラーメンそれぞれに、にネギとワカメとモヤシがトッピング、そして大中小の麺量が選べるメニュー構成です。なにげに創業30年の老舗で、常連のお客さんになるとカウンター席の人が座敷席のお客さんに丼を運んだり撤収したりと、店員も兼ねてます。個人的なお勧めは、しょうゆ味のチャーシューメンです。鶏ガラベースのスープに細縮れ麺、海苔がトッピングされた十和田市昔ながらの優しいラーメンです。 十和田市大字藤島字妻ノ神1-1
0176-28-2490
らーめん龍二
細麺使用の地鶏スープ、中細麺使用のとんこつスープ、極太麺と特製味噌を使用した新潟ラーメン、それぞれに味噌、塩、正油のメニュー構成です。お店の一押しは、新潟味噌とたっぷり野菜の「野菜みそラーメン」です。人が一日に必要とされる摂取量350gの野菜を使用してるそうです。丼一面に山のような野菜です。タレを多めに使ったしょっぱ口がノーマルです。つけめんのつけダレほどの味の濃さです。割りスープ(ラーメン類には必ずついてきます)で自分好みに調整して食べるのがお店のお勧めする食べ方です。 八戸市類家3丁目11−2
0178-43-9530
レストランアゼリア
沼山中国料理長が、師である日本中国料理の父、陳先生から受け継いだというタンタン麺が一押しです。とんこつスープとゴマを加え、現代風にしてあるそうです。豆板醤入りの、味噌味のひき肉がのってます。ホテルレストランなので少々高めな値段です。「あおもり食の達人」という商品名でネット販売やお土産セットもあり、こちらは少々お徳な価格なってます。日本料理長が作った、みそラーメンと西洋料理長がつくった、塩ラーメンも販売してます。 八戸市吹上1丁目15−90八戸パークホテル内
0178-43-1111
レストランつつじ
(道の駅とわだ)
十和田市にある「道の駅とわだ」は全国的にも併設は珍しいという場外勝馬投票券発売所があります。テレトラック十和田、早い話し場外馬券場です。また、大規模な地元産直コーナーや特産物のPRコーナーなど人気の高い道の駅です。御食事コーナーも地元産の蕎麦が食べれるオープンコーナー、蕎麦やウドンなのの軽食が食べれるフードコーナー、そしてレストランつつじ、と3つあります。ラーメン類が揃ってるのはここレストランつつじだけです。基本のラーメンは、中細縮れ麺にマイルドなガラ出しスープです。 十和田市伝法寺平窪37-2 道の駅とわだ内
0176-28-3790
レストランとわだ
昭和42年開業、十和田市では有名な老舗レストランです。1階、2階あわせて100席以上もあるという大きなお店です。十和田市周辺の郷土料理から洋食、和食、中華に大衆食堂メニューまでなんでもあります。十和田市が町起こしメニューと推進しているバラ焼きも、国産牛に県産素材と拘りまくった逸品です。ラーメン的なお勧めは、馬肉ラーメンです。ここら辺の地域の名物である馬肉を使った、野菜たっぷりのみそ味ラーメンです。トロトロに煮込まれたコラーゲンたっぷりのパイカラーメンも名物です。 十和田市西三番町1-24
0176-23-4891
レストラン
ポロトピア
(道の駅おがわら湖)
青森県では一番の面積を持つ汽水湖小川原湖のそばにある道の駅内のレストランです。ポロトピアとは、アイヌ語で広い湖という意味だそうです。ここの名物麺は小川原湖名物蜆貝を使った「しじみラーメン」です。鳥ガラベースの塩味スープに出汁のタップリつまった蜆貝がトッピングされた、極あっさりな名物ラーメンです。他にも小川原湖産のわかさぎ、もくずカニ、上北産の長いもなど地場産品を使った料理がめじろ押しです。野菜や惣菜関係も盛りだくさんの産直も充実してます。 上北郡横浜町字林ノ脇79−12
0175-78-6687
レストランニュー
みやき
ベース(米軍三沢基地)のアメリカ人対応なのか、料理全般ボリューム満点でメニューには英語解説付きの国際派です。チャーハン大盛りなんて頼むと、普通に3人前くらいのチャーハンがでてきます。値段高めな本格中華料理もある店ですが、我々平民値段のメニューも多数あるので御安心下さい。地元でちょっと有名なのが、四川風辛口そば(坦々麺)です。焦がしネギ、干しエビが入った風味豊かな肉味噌に、揚げニンニクとゴマの味、そしてピリ辛、食欲増大お勧めです。 三沢市幸町1丁目7−2
0176-53-3929


・・・・


BACK