Updated at 1998 1/23

新作映画紹介

「いしとがカスと言っておるぞ、期待できる」
など御鑑賞のお役に立てれば…。
とは言うものの信用できるのはあなたの目しかな いのです。
以下はすべて劇場で鑑賞したものです。

間違いがありましたら指摘して下されば幸いです。


評価の目安を以下に示します。

★★★★★ Excellent すばらしい
★★★★ Very Good 見ないと後悔したことでしょう
★★★ Good 見て損はなかった
★★ Fair 見なくてもいいかな
Turkey まあ、こんな映画もあります


97年12月の収穫

げげげ。なんと12/20に伊丹十三監督が自殺。写真誌に浮気現場かなにか を撮られ、潔白を証明するために、とのこと。伊丹監督らしくないと思ってし まうけれど、クリエイターのアブナイ部分に入り込んでしまったのでしょうか。 合掌。

青森の地方新聞東奥日報紙で映画ベストテンを募集中です。去年暮の正月映画 から。今年の正月映画(『MIB』とか 『タイタニック』とか)は含まないそうです。洋画5 本、邦画5本を選んで郵送かFAXにて。〆切12/16。

平成12年に青森市にもシネマコンプレックスができるそうです。現在の8館 に加えさらに10館増えるとのこと。やっていけるのかなー。

12月のあっぱれ!

北京原人』なんかで惜しげもなく肌をさ らした女研究員役の片岡礼子さん。あっぱれ。

フル・モンティ

the full monty
★★★★
今年最後の映画。そして今年のベストワンか。ちょいと期待しすぎた感もあり ますが、ツボにはまって大笑い。笑って笑って泣けました。基本はスポコン物 の定番ストーリーみたいなもんではありますが、イギリス貧乏階級やらせたら ピカイチのR・カーライルが絶品。これ読んだ人、あまり期待しないで見に行っ て下さい。
http://www.foxsearchlight.com/fullmonty/index.htm
Peter Cattaneo
Robert Carlyle
Tom Wilkinson
Mark Addy
Lesley Sharp
1997 米
93 min

キャリア・ガールズ

CAREER GIRLS
★★★
カンヌグランプリ「秘密と嘘」のM・リー。数ヶ月かけて役者たちに演じるキャ ラクターの世界観を植えつけ、脚本なしで本人たちも詳細なシチュエーション は知らされずに撮るそうです。とにかく登場人物がなんとも個性的、そしてす ごくいい。でも徹夜明けだったので寝ちゃいました。 Mike Leigh
Katrin Cartrlidge
Lynda Steadman
Kate Byers
Mark Benton
1997 英
87 min

タイタニック

TITANIC
★★★★
メロドラマ部分もスペクタクル部分もキャメロン節でぐいぐい。3時間強楽し めました。泣けます。特撮は期待したほどでもなく、ああ、すごい特撮だなあ、 と思うレベルでした。予告編が一番息を呑んだ感じ。やはり出しすぎ、もった いない。
http://www.titanicmovie.com/
James Cameron
Leonardo DiCaprio
Kate Winslet
Billy Zane
Gloria Stuart
Cathey Bates
Bill Paxton
1997 米
190 min

セブン・イヤーズ・イン・チベット

SEVEN YEARS IN TIBET
★★★
山がきれいに撮れてるとうれしくなってしまう。オープニングの登山シーンだ けでずーっとやって欲しかったなどと思ってしまったけど、ダライ・ラマ少年 が出てくるとこれがまたすごくいい。そして私の好きな文化の衝突。いいです ねえ。
政治や戦争の話になるとうざったくなりますが、中国が怒るのも無理ない演出、 そこまでしなくても。セリフにあったように「狭量な」映画かとも思いました が、それで上映中止する中国もやっぱり狭量。でもそんなことはどうでもいい んです。山と文化衝突、チベットの風景。これで2時間強見れます。
Jean-Jacques Annaud
Brad Pitt
David Thewlis
B. D. Wong
Mako
Danny Denzongpa
Jamyang Jamtsho Wangchuk
1997 米
139 min

北京原人


「なぜ造った」
期待通りの出来でした。なぜこの脚本が通ってしまうのか。なぜこの特殊メイ クが通ってしまうのか。なぜこの特撮が通ってしまうのか。なぜこの演出が通っ てしまうのか。なぜこの編集が通ってしまうのか。なぜこれが全国ロードショー になってしまうのか。
もしかしたら語り継がれる映画になるのかもしれません。「幻の湖」のように (未見)。
主人公のおねーちゃんが脱いだのはちょっとびっくり。親子連れはびっくりも じもじ。
佐藤純彌
緒方直人
ジョイ・ウォン
本田博太郎
片岡礼子
丹羽哲郎
佐藤蛾次郎
1997 日

金田一少年の事件簿−上海魚人伝説−


★★★
結構よくできてたんではないでしょうか。映像がちゃんとしてて特殊メイクも よい。キメのせりふの「じっちゃんの名にかけて」も開き直った演出もかえっ て気持ちいいです。一箇所不覚にも堂本くんのギャグでふきだしてしまいまし た。
ともさかりえファンになりましたです。「友子の場合」借りて観ましたがツボ にハマってげらげら笑いころげてしまいました。
堤幸彦
堂本剛
ともさかりえ
陳子強
修健
1997 日

真夏の出来事

HEAD ABOVE WATER ★★★
くるくる回る展開が楽しい。こわれてくC・ディアスがかわいいし、H・カイ テルもだんだんこわれていく。アクの強い顔のB・ゼインは「タイタニック」 でもアクの強そうな悪役みたいですね。
Jim Wilson
Harvey Keitel
Cameron Diaz
Craig Sheffer
Billy Zane
1996 米
92 min

ブラッド&ワイン

Blood & Wine ★★
結構好きなB・ラフェルソン監督なんだが、なんか普通のサスペンス。といっ ても満腹のため寝てしまったので内容はコメントできません。M・ケインがす ごくあやしい。 Bob Rafelson
Jack Nicholson
Stephen Dorff
Jennifer Lopez
Judy Davis
Michael Caine
1996 米
101 min

エアフォース・ワン

AIR FORCE ONE ★★★
身も心も」やら「レッズ」やら 「大地と自由」やらで最近よく聞くインタナ ショナル。
「空のダイハード」って言えばそれですべて。W・ペーターゼン、振り返って みると今回はちょっと緻密さに欠けて大味な部分もありますが、総じて楽しい 出来にはなっています。でも「U−ボート」のようにものすごい緊迫感あふれ るようにもできたんじゃないかと、残念。特撮でもケチったみたい。ユルゲン・ プロホノフがちらり。
www.movies.co.jp
Wolfgang Petersen
Harrison Ford
Gary Oldman
Glenn Close
William H. Macy
Dean Stockwell
Jurugen Prochnow
1997 米
124 min

ラリー・フリント

The People vs. Larry Flynt ★★★★
プロデューサーのO・ストーンが撮ったらぎとぎとの疲れる映画になってたと こでしょうが、「カッコーの巣の上で」「アマデウス」のM・フォアマン、す ごくよくできています。この人の撮る作品ってエンドクレジットが流れるあた りでじわじわと来ます。しかしコートニー・ラブがすばらしい。
L・フリント本人も実際とは全く逆の裁判官役で出ています。
Milos Forman
Woody Harrelson
Courtney Love
Edward Norton
Brett Harrelson
Crispin Glover
1996 米
129 min

97年11月の収穫

青森は浪岡町にてなみおか映画祭が今回で6回を数えます。青森じゃもちろん 東京でもなかなか見られないアジア映画やヨーロッパ映画などを上映してくれ ます。上映作品詳細については
InfoAomoriのシネマランドをどうぞ。

11月のあっぱれ!

『ファングルフ』で意味なく胸を出したJ・デルピー。あっぱれ。

メン・イン・ブラック

Men In Black ★★★
「アダムズ・ファミリー」のB・ソネンフェルド監督。予告編が見せすぎです が、なかなか笑えます。一番笑えたのは NewsWeek誌に載ってた、監督がすぐ 泣く変な人ってこと。「神経症患者」と言われているという。
宇宙人に乗っとられる人を演じるのは「フルメタル・ジャケット」の”あの” 新兵役だったV・ドノフリオ。この人「フルメタル・ジャケット」以外で出て てもわかった試しがない。
www.theatres.sre.sony.com/hollywood/current2.html#men
Barry Sonnenfeld
Tommy Lee Jones
Will Smith
Linda Fiorentino
Vincent D'onofrio
1997
97 min

バウンド

Bound ★★★
犯罪サスペンス。脚本がうまいという噂を聞いていましたが、結構よくできて います。ハラハラドキドキ。コーエン兄弟の「ブラッドシンプル」みたいな雰 囲気がただよいます。
J・ティリーの声でぐにゃぐにゃになってしまいます。
Andy Wachowski,
Larry Wachowski,
Jennifer Tilly
Gena Gershon
Joe Pantoliano
1996 米
108 min

心の指紋

SUNCHASER ★★★
久々のM・チミノ監督のロードムービー。しみじみいいですね。ラストでは泣 けました。インディアン(でなくてネイティブ・アメリカンでしょか)役のJ・ セダがよい。チミノってこういうのも撮るんだったっけ。
Michael Cimino
Woody Harrelson
Jon Seda
Anne Bancroft
1996
123 min

ファングルフ−月と心臓−

AN AMERICAN WEREWOLF IN PARIS ★★★
原題の通りJ・ランディス「狼男アメリカン」(An American Werewolf In London)のリメーク。なかなかポップに仕上がっております。 「すべてをあなたに」のT・エベレット・ スコット主演。J・デルピーがあまり意味なく脱いでます。CGの特撮がちょっ と浮いてる。最近ビデオでも出たA・ウォラー監督の「ミュート・ウィットネ ス」もかなりこわくて手に汗握ります。
Anthony Waller
Tom Everett Scott
Julie Delpy
Vince Vieluf
1997

NY《ニューヨーク》検事局

Night Falls on Manhattan ★★★
でましたS・ルメットの「セルピコ」「プリンス・オブ・シティ」に続く警察 内部告発モノ。いいですねえいいですねえ。ようやく復活してくれましたねえ。 と思ったけどでも待てよ。「プリンス・オブ・シティ」と全く同じだぞ。とり あえずいいや。この路線でまたがんばって下さいな。 Sidney Lumet
Andy Garcia
Lena Ollin
Richard Dreyfuss
Ian Holm
Ron Leibman
James Gandolfini
1997 米
114 min

GO NOW

GO NOW ★★★★
泣けました。「トレスポ」でブチキレてたR・ カーライルがこういう役をやってくれてるのがすごくリアル。なんとか踏み留 まってお涙頂戴にならないとこがとってもよし。 Michael Winterbottom
Robert Carlyle
Juliet Aubrey
James Nesbitt
Sophie Okonedo
1997 英
83 min

イベント・ホライゾン

EVENT HORIZON ★★★
ブラックホールなハードSF用語(ほんとか)の「事象の地平線」というタイ トル。予告編で見た特撮もなかなかで随分期待したのだけれど。オープニング の特撮もひさびさにSFSFしててわくわくしたのだけれど。最初に提示され る謎がSFな解釈で解かれていく展開でうならせて欲しかったのだけれど。
あまり恐くないただのホラー映画になってました。うーん。残念残念残念。

Sam Neil
1997

ピーター・グリーナウェイの枕草子

The Pillow Book ★★

Peter Greenaway
Vivian Wo
緒方拳
Ewan McGregor
吉田日出子
ジュディ・オング
河合みわこ
1996

フェイク

DONNIE BRASCO ★★★★

Al Pacino
Johny Depp
Anne Heche
1997

東京日和


竹中直人
竹中直人
中山美穂
1997

ラブ・アンド・ウォー

IN LOVE AND WAR ★★
ヘミングウェイの友達の金持ちのじいさんがプロデューサー。ファンのS・ブ ロックをつかって”サー”アッテンボロー監督にでも撮ってもらうかってなノ リなのではないのかしら。「愛と戦争」だぜえ。イタリアの風景などはきれい でしたが。「『スピード2』のS・ブロック」「『バットマン&ロビン』のC・ オドネル」つーのを「愛と戦争」の予告編でやられるとなんだか笑っちゃいま す。 Richard Attenborough
Sandora Bullock
Chris O'Donnell
Mackenzie Astin
Emilio Bonucci
1996 米
116 min

沈黙の断崖

Fire Down Below
えーーーーっと。
セガールです。
「くそったれ」と言いながら不愉快な気分で映画館を後にするような映画では ないけれど、でもなんの取り柄もない映画でしょうか。そういえばH・D・ス タントンが出てたな。
www.wbmovies.com/FDB
Felix Enriquez Alcala
Steven Seagal
Marg Helgenberger
Stephen Lang
Kris Kristofferson
Harry Dean Stanton
Levon Helm
1997 米
104 min

ラヂオの時間


★★★
「12人の優しい日本人」に続くアクロバティックで強引な脚本はやっぱり面 白いです。が、「12人」に比べるとややゴーインが多い。しかし疲れる映画 ではあった。 三谷幸喜
鈴木京香
西村雅彦
唐沢としゆき
1997 日

陰謀のセオリー

Conspiracy Theory ★★★
よくできたB級脚本をむりやり大作に仕立てたような映画。R・ドナーにM・ ギブソンじゃあリーサルウェポンになっちゃいます。カーペンターかデパルマ あたりにこっそり撮ってほしかったな。いや、なかなか面白いですが。
「役者はせりふを言うだけ。考えて言ったりするとおかしくなる」と柄本明が 言ってたのを聞いた直後だと、エキセントリックに喋りまくるM・ギブソンが。。。 いやまあしょうがないですが。
www.conspiracytheory.com
Richard Donner
Mel Gibson
Julia Roberts
1997 米
135 min

浮き雲

Drifting Clouds ★★★★
カウリスマキ初めて観ました。これいいです。淡々と淡々と。表情なし、間で 見せるといおうか間を見せるといおうか。幸せな映画です。最後は泣いてしま いました。カウリスマキの他の作品も観なければ。
第6回なみおか映画祭。
Aki Kaurismaki
Kati Outinen
Kari Vaananen
Elina Salo
Sakari Kuosmanen
1996 フィンランド
96 min

[復讐]The Revenge・消えない傷痕


★★★
やっぱりどうしても相川翔が生島ヒロシ。この人はどうも好きになれないけど、 映画はまあまあなんとか水準。黒沢監督の新作「CURE」はえらくこわいら しいぞ。監督本人によるノベライズを「このミス」で選んでた人もいました。
第6回なみおか映画祭。
黒沢清
相川翔
菅田俊
小林千香子
逗子とんぼ
大杉漣
1997 日
80 min

[復讐]The Revenge・運命の訪問者


★★★
たけしの映画を彷彿とさせます。乾いた銃の音。黒沢監督って絵がきれいなん だよなあ。相川翔がどうも生島ヒロシみたい。六平直政がすげーこわくていい です。
第6回なみおか映画祭。
黒沢清
相川翔
大沢逸美
六平直政
1997 日
83 min

オープニング・ナイト

Opening Night ★★
カサベテス、ローランズ映画。舞台の上でやっぱりこわれていくG・ローラン ズ。とってもこわいシーンあり。私は「こわれゆく女」の方が楽しめました。
第6回なみおか映画祭。
John Cassavetes
Gena Rolands
Ben Gazara
John Cassavetes
1978 米
144 min

こわれゆく女

A Woman Under The Influence ★★★
G・ローランズがこわれていく。P・フォークもこわれそう。あやうい精神バ ランスを描いて結構つらいです。最後が面白い。アカデミー主演女優賞ノミネー ト、ゴールデン・グローブ主演女優賞。
第6回なみおか映画祭。
John Cassavetes
Gena Rolands
Peter Folk
1975 米
145 min

身も心も


★★
学生運動をひきずっている中年の不倫ポルノ。「インターナショナル」なんか がかかりますが、うーん。絵はなかなかきれいなとこがありました。
この後、監督兼脚本の荒井晴彦、柄本明をはじめ、製作の黒澤満、カメラマン の川上晧市とのフリートーク。柄本明が意外とよくしゃべって面白かったです。 「役者はせりふを言うだけ。ほんとにそれだけです」
第6回なみおか映画祭。
荒井晴彦
奥田瑛二
かたせ梨乃
柄本明
水島暎子
利重剛
1997 日
126 min

ダブルベッド


日活ロマンポルノ。藤田敏八は初めて観ましたが、うーん。つまんなかったと 思います。石田えりは好きだけど濡れ場はあんまりありませんでした。
第6回なみおか映画祭。
藤田敏八
大谷直子
柄本明
石田えり
1983 日
102 min

生活の設計

Design For Living ★★★
ルビッチってコメディの人なんですね。女一人に男二人が同居する物語。オー プニングからちょっぴり楽しい。
第6回なみおか映画祭。
Ernst Lubitsch
Fredrick March
Gary Cooper
Mirium Hopkins
1933 米
90 min

97年10月の収穫

ボルケーノ

VOLCANO ★★★
これ面白かったです。テンポが速くてドキドキしました。溶岩流もどうやって 撮ってるのか。いくつか余計なエピソードもありますが、キメの場面もうまく はまりましたし、素直に楽しみましょう。音楽も伊福部しててわくわくします。 しかし人はばたばた死んでもやっぱり犬は死なない。最近エンドクレジットに 必ず出てくる American Humane (No animals were harmed in this film とか なんとか出るやつね)は内容までも検閲してるのか?(そんなことはない)(と思 う)
K・コスナーの「ボディガード」の監督。ギャビー・ホフマン変な顔になっちゃっ てた。アン・ヘイチなかなかいいですね。
※「ヘイチ」ではなく「ヘッシュ」だと何かで読んだが、その後メイキングの ビデオを見たら「ヘイチ」と本人が言ってました。どっちなんだ。
Mick Jackson
Tommy Lee Jones
Anne Heche
Gaby Hoffmann
Keith David
1997 米

コン・エアー

CON AIR ★★
まあ豪華キャストでドンパチやってくれる映画という期待は全く裏切られるこ となく、最近こういうの多いなあと見てる間も思ってしまった。つまんないわ けではないけど新しいとこは何もなし。鳴り物入りで登場のS・ブシューミも 出てきただけ。
最近のハリウッドアクション映画は女子供動物は絶対死なないから、見ててハ ラハラドキドキしないぞ。
www.movies.co.jp
Simon West
Nicolas Cage
John Cusack
John Malkovich
Ving Rhames
Steve Buscemi
1997 米
114

ベスト・フレンズ・ウェディング

My Best Friend's Wedding ★★
製作が「ゴースト」のJ・ザッカー。笑えるし退屈もしませんし悪くないんで すが、やっぱりこうゆうのは私にとっては暇つぶし。星の数も不当に少なくなっ てると思って下さい。なんで観るかと言いますと、たまーに「恋人たちの予感」 なんていうすばらしいのがあるわけで。D・マローニーって最近よく見ますが、 何見ても一緒なんだよなあ。R・エベレットがとってもいいです。ゲイって 「カミングアウト」したそうですね。ロマンチックコメディに出てくるゲイっ てたいがいおいしい役なのはなぜ。 P. J. Hogan
Julia Roberts
Dermot Mulroney
Cameron Diaz
Rupert Everett
M. Emmet Walsh
1997 米
104 min

ライ・ライ・ライ

Lie lie Lie ★★★
公開4ヶ月前の6月になんと青森で全国初の試写会やりました。中原俊監督も やってきてました。風貌はただのおやじなんですよね。
中島らも原作(「永遠も半ばを過ぎて」)、「12人の優しい日本人」の中原 監督なんで面白くならないわけがありません。といやがおうにも期待がかかっ てしまうのですが、だいじょうぶ、面白いです。カラーは違いますが、内幕モ ノって意味では伊丹十三の映画みたいな感じもしますし、同じトヨエツの「傷天」ぽくもあります。原作同様先の読 めない内容は書けませんので何も知らずに劇場に行って下さい。しっとりとし たカメラがきれいでした。
中原俊
豊川悦司
鈴木保奈美
佐藤浩市
中村梅雀
河合みわこ
麿赤児
1997 日
123 min

スノーホワイト

The Grimm Brothers' SnowWhite
グリム童話って実は残酷で結構面白いんですよね。そのオリジナルの残酷な味 をそのまま活かしてホラー映画化。最近、「月下の恋 」(ビデオタイトル「ホーンテッド」。映画観た人はみんなオススメしな いだろうからタイトル変えたか?)なんかでヨーロッパの格調高いゴシックホ ラーを見かけますが、ろくなのがありません。前半はどんよりした雰囲気がな かなかいいんですが、後半お化け屋敷状態になっちゃってどっちらけ。 Michael Cohn
Sigourney Weaver
Sam Neill
Monica Keena
Gil Bellows
1997 米
100 min

失楽園−海外版オリジナルバージョン−


★★
映画の日観るもんがないんで行ってきました。一応森田監督だし。演出はいろ いろ凝ってましたがやっぱりなあ。1、2回ちらりと見たテレビ版は映画と違っ てお下劣さ、下品さが圧縮されているような印象です。後のおばさん3人組が 紙袋をがさごそがさごそ。
あがた森魚がでてました。
森田芳光
役所広司
黒木瞳
1997 日
min

97年9月の収穫

マルタイの女


★★★
予告編はめちゃくちゃな場面がどばどば出てたけど、劇中劇だったりして意外 とまともだったのが残念。最後の津川雅彦のシーケンスが最高。ラストのカー チェイスは幕張で撮影。緻密な伊丹監督にしては同じ車がなんべんも出てたの がわかったりしてちょっと。まあ関係ないですが。 伊丹十三
宮本信子
西村雅彦
村田雄浩
名古屋章
津川雅彦
1997 日
131 min

コーカサスの虜

PRISONER OF THE MOUNTAINS ★★★
カンヌ批評家連盟賞、観客賞。
トルストイ原作の捕虜とその敵である地元の人達との交流を描く、まあよくあ る話ではありますが、主演二人の兵士がとてもいいです。子供もいいし親もい いし、見張りの人もいい。出演者がみんないい味出してます。監督はこないだ いったハバロフスク出身だって。
Sergei Bodrov
Oleg Menshikov
Sergei Bodrov Jr.
Djemal Sikharulidze
Susanna Mekharalieva
Alexander Burejev
1996 カザフスタン・露
95 min

コンタクト

CONTACT ★★★
「フォレストガンプ」のケネディの次はクリントンと合成。R・ゼメキスはこ ういうとこに一番力入れてるんじゃないでしょか。
原作は読んでませんが科学と宗教のそれぞれの立場の対決、というあたりが私 には一番面白いところでした。でもSFとしても科学な映画としても中途半端。 この印象がセーガンに対する私の印象と重なります。読んでないけど。製作に も関わったセーガンは完成前に逝去。M・マコノヒーはどうにもだめ。最近よ く見るデビッド・モースがこれにも。

http://www.contact-themovie.com

Robert Zemeckis
Jodie Foster
Matthew McConaughey
James Woods
Tom Skerit
John Hurt
1997 米
150 min

アナコンダ

ANACONDA
十数メートルの蛇をCGで作っても面白くないよなあ。しかもあんまりでてこ ないし。青森では「ロストワールド」と同時上映。とほほ。
IMDBで検索したところ、スタローン、 ストーンの「スペシャリスト」の監督だそうです。未見。
Luis Llosa
Jennifer Lopez
Jon Voight
Eric Stoltz
Ice Cube
1997 米
89 min

フィフス・エレメント

THE FIFTH ELEMENT
L・ベッソンが16歳のときに考えた物語。16歳ならもう少しマシなものが できそうな気もするが。なんのひねりもない甘々のファンタジー。学芸会とい おうか同人誌の漫画といおうか。予告編が一番かっこいいです。 Luc Besson
Bruce Willis
Gary Oldman
Milla Jovovich
Ian Holm
Chris Tucker
1997 米・仏
127 min

ボディ・バンク

EXTREME MEASURES ★★★
G・ハックマンは似たような役が多いなあ。手に汗握るフツーの医学サスペン ス。クローネンバーグがちらりと出演。 Michael Apted
Hugh Grant
Gene Hackman
Sarah Jessica Parker
1996 米
118 min

ポストマン・ブルース


★★★
なんとなく「裸足のピクニック」思い出しました。ノンストップアクションコ メディーとかいうんでしょうか。話がどんどん転がっていって面白いです。脚 本がよくできてるんだけど、アレ?というところもあり。田口トモロヲはここ にも出ている。同監督の「弾丸ランナー」も見てみたい。 サブ
堤真一
大杉漣
遠山景織子
1997 日
110 min

シャ乱Qの演歌の花道


★★
「病院へ行こう」の滝田監督。ツボを押さえてまあまあ面白いです。つんくは どうでもいい。尾藤イサオがいかった。 滝田洋二郎
シャ乱Q
陣内孝則
尾藤イサオ
平幹二郎
1997 日
min

キャッツ・アイ


やはりかすだったJ・チェンとゴクミの「シティハンター」も北條司原作か。 まあ原作は知りませんが林海象はハズレしかみてない。「夢みるように眠りた い」だけという話もあるし。麿赤児だの宇野重吉もとい寺尾聰だの佐野史朗だ のも出てきますが面白くない。内田有紀喋らないでくれえ。 林海象
内田有紀
稲森いずみ
藤原紀香
1997 日
min

●「 素晴しき日★★
ラブコメ。子役も悪くないしお話もまあ面白くて暇はつぶせます。でもな あ。星ふたつは不当かもしれないけど、でもなあ。この手が好きな人はどうぞ 見て下さい。

●「 絵の中のぼくの村★★★★
昔の田舎の子供たちを描いた絵本が原作の映画。評判通りとてもよい。大 笑いしました。あの子供たちは演技をしているのだろうか。「学校の怪談」の 子供もよかったと思ったがあっちはやはり演技。どうすればこういう演出がで きるのかな。
青森シネマファン第1回上映会。

●「 スクリーム★★★
ひさしぶりのW・クレイブン。学園殺人鬼モノでちょっと雰囲気が「エル ム街」ぽいかな。不気味な音響で盛り上げてわっとおどかすタイプなんですが、 結構こわくて犯人も最後までわかりませんでした。最初のドリューちゃん(ちゃ んという歳ではないか)のシーケンスがとってもよかった。
観た前々日の深夜3時に、自宅で覗き魔に遭遇したのでコワさ倍増。やはり私 はオバケより人がこわい。

97年8月の収穫

●「 シャイン★★★
うーむ。とにかく全体を通して映像がきれい。面白くて泣けます。が、な んか食い足りない。もっともっと長くやってほしかった。

●「 バットマン&ロビン −Mr.フリーズの逆襲−★★
観た人みんなからつまらんと聞いていたんで、期待せずに楽しめました。 U・サーマンが戸川純ちゃんのようでした。A・シルバーストーンが太って別 人のよう。最後の3人のシルエット、かっこいいですね。それだけ。

●「 ヘラクレス★★★
吹替え版を仕方なく見たのだけれど、今回はあまり歌わないので楽しめま した。説教臭くなくていいですね。クライマックスの怪物たちの巨大感はなか なか。シトのようでした。
フミヤくんのプロモと歌と、2回も流さないでくれえ。

97年7月の収穫

青森キネ旬友の会復活。会長はねぶた師の千葉作龍氏。「ねぶたよりも映画が 好き」なんてこといっていいのか?
第1回目の上映会はカンヌグランプリの今村昌平「うなぎ」。
●「 スピード2★★
ラストクレジットで No animal was harmed ... に続いて No ocean was polluted ... ってでたのが面白かった。それだけ。主人公が黙々と危険に飛 び込んでいきます。しかしコンピュータの電磁波浴びて気狂いになったって設 定いいのか。
世界のコムロはラストクレジットの最初の1〜2分だけでした。

●「 THE END OF EVANGELION 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に★★
前作「REBIRTH」の再放送しやがった。というわけで春エヴァのお 金返してほしいです。星ひとつ減。
まずはちゃんと完結したようです。スケールもでかくて、面白い表現もいろい ろありました。漫画の「デビルマン」みたいでしたがなんか関係ないんでしょ うか。アスカだし。

●「 学校の怪談3★★★
不覚にも泣いてしまいました。前2作から変わりガメラの金子修介監督。 オキマリの話ではあるんですが、いいですねえ。
酒鬼薔薇事件で「
スクリーム」が上映自粛されました が、こっちの方がずうっと事件を想起させると思うのですが。

●「 スターウォーズ特別編 ジェダイの復讐★★
やっぱり1、2、3の順で面白いです。ローレンス・カスダンなのに脚本 がどうも強引。おさめるとこにおさめるという映画なのでまあしょうがない。

●「 もののけ姫★★★★
真正面からの力作。「生きろ。」というコピー通りの作品です。CGもう まく使われていて絵がとってもよく動きます。気持ちいい。都市部ではすごい 混雑のようですが、青森も平日の最終回でも結構埋まってました。

●「 ロストワールド★★
「ジュラシックパーク」観た方は見なくてもいいです。おんなじ。特撮も 相変わらずすごいですが、でもおんなじ。脚本どうにかならんかったのかしら。 今回はコンピュータがぜんぜんでてきませんね。

●「 スターウォーズ特別編 帝国の逆襲★★★
今回は新しい場面がどこかはよくわかりませんでした。昔はこれ観てから 3年待ったのね。初めて観る人は3週間後に次が観られるので幸せです。

●「 うなぎ★★★
ご存知カンヌグランプリ今村昌平作品。タイトルが出るまでのオープニン グシークエンスが長いのって好き。ここまでは今村節のどろどろな世界。その あとはほのぼのとユーモラス。悪くはないです。カンヌってときどきこうゆう アッサリしたのにやるときもありますね。
青森電影倶楽部第1回上映会。

●「 乱気流−タービュランス−★★
スチュワーデス、もとい、フライトアテンダントが管制塔からの指示で旅 客機を着陸させるっていう大昔からのパターンですが、つい手に汗握りますね。 で、この映画は、大雑把な脚本、悪趣味な演出、金のかかっていない特撮でま あこんなもんでしょう。R・リオッタが濃くて濃くて。

97年6月の収穫

第6回青森映画祭が始まりました。詳細は
Infoaomoriシネマランド にありますが、今年は以下の通り。 邦画にこだわった映画祭で、私のシュミとは微妙に違った作品をやってくれる ので、いつも重宝します。
代表幹事の デイジー 川嶋さんも登場してました。

●「 變臉−この櫂に手をそえて−★★★★
主人公も子役もとってもよろしい。二人が出会う場面ではなんにもないの に泣けてきました。最後もえんえん泣きました。エンドクレジットはもっと長 くしてくれないと場内明るくなるのが恥ずかしいではないですか。パンフの監 督インタビューが面白いです。

●「 セイント★★★
マンガです。結構面白かったと思ったら脚本が「ダイハード3」の人だそ うです。監督は「今そこにある危機」なんかのフィリップ・ノイス。なんだ、 ポリティカルフィクションなんて撮らないでマンガ撮れば面白いじゃないか。 Macがいっぱいでてきました。

●「 誘惑のアフロディーテ★★★
ひさびさのウディ・アレン。姿形も演出も昔とまったく変わってません。 私はW・アレンだめな人ではないので普通に楽しめました。でもまあ普通のラ ブコメ。「おっ」という俳優がちょこちょことでてきます。

●「 ロスト・ハイウェイ★★★
「Lynch is Back」だそうです。ねむくてねむくて夢うつつ。たぶん訳わ かんなくて、リンチな場面がでてきてっていう気持いい映画なんだと思います。 しゃきっとしてるときにもう一回見にいこうと思いますが弘前は遠い。

●「 トレインスポッティング★★★★
ようやく観ました。テンポと音楽、なまった英語が気持いいですね。渋谷 の街をカッコつけて歩きたくなっちゃう。トイレの場面は本当に気持わる。

青森映画祭の目玉、坂本順二監督オールナイト。トヨエツが来るってんで劇場 はギャルでいっぱい。前の頭に邪魔されたくない私は最前列に座りたいのだが、 ギャルが前から陣どってゆく。豪華ゲストが去り映画が始まったらぞろぞろと ギャルがでていくでていくでていく。さらにはロビーからの矯声が劇場内にま で聞こえてくる。
こうして道義礼儀をわきまえない人たちにファンは踏みにじられるのです。 まあ予想はしていたけれど、映画みたくてもチケットとれなかった人もたくさ んいるだろうに。ゲストはうれしいけど考えもんです。

坂本順二、杉本哲太は真赤な顔でかなり酒はいってました。真木蔵人は映画の まんま。トヨエツはあんまし喋りませんでした。どこで呑んでたのかなあ。

●「 王手★★★
NHK「ふたりっこ」の元になったそうです。賭将棋のお話。坂本順二っ てほんとに力の入った「勝負」が好きなのね。
第6回青森映画祭。坂本順二監督徹底検証オールナイト。

●「 どついたるねん★★★
「BOXER JOE」見た後だとボクシング場面の迫力がやっぱ劣りま す。見る順序が逆ならよかった。赤井英和の減量は本当にやってるんじゃない かな。2週間で7キロ。
第6回青森映画祭。坂本順二監督徹底検証オールナイト。

●「 BOXER JOE★★★
辰吉丈一郎のセミドキュメンタリー。薬師寺との拳闘場面がすごい。その 演出もいいです。
第6回青森映画祭。坂本順二監督徹底検証オールナイト。

●「 傷だらけの天使★★★
2度目。坂本順二は新しいやつほど面白い。
第6回青森映画祭。坂本順二監督徹底検証オールナイト。
ゲストに坂本順二監督、杉本哲太、真木蔵人、豊川悦司。

●「 ビリケン★★★
ビビアンリーが持ってるビリケンさんには笑った。本当なのね。通天閣に 任王立ちする坂本哲太でキマリ。「これまで力の入ったのばかり撮ってたから、 ちょっと力を抜いたのを」。とっても楽しい映画です。
第6回青森映画祭。坂本順二監督徹底検証オールナイト。

ロシアでマンモスの牙(象牙じゃないよ)のビ リケン売ってました。むこうでも「ビリケン」というらしい。由来を聞かなかっ たのが心残り。

●「 ライアーライアー★★★★
久々にコメディで笑えました。J・キャリー観た中では一番面白いです。 フツーの人という前提がいいんですね。お決まりの笑いの中にほろりとさせる 演出もありますがあまし気になりません。めずらしくNGシーン付きですがそっ ちも笑えます。この人そのまんまなのね。

●「 秋桜−コスモス−★★
HIVな女子高生の田舎の差別と闘い明るく生きていく映画。前半は苦痛。 なんでこんな映画見なきゃいけないんだ。と思ったけれど、中盤からちょっと よくなってお約束な展開なれど泣かせはします。だけどやっぱりどこかで見た 映画という感じ。すずき監督が上映前隣の喫茶店で演説ブってたんですが、そ れ聞いてたらシラけてしまいました。夏木マリがよかった。
第6回青森映画祭協賛企画。ゲストにすずきじゅんいち監督。

●「 八日目★★★
ダウン症の俳優とD・オートゥイユ、これだけで泣けてきますが、やはり 反則技。自分と闘いながらのつらい映画でした。「これはやはり反則、感情移 入もできない」と思いながらもラストはどうしようもありません。同監督の 「トト・ザ・ヒーロー」借りてみよう。

●「 ひみつの花園★★★
「裸足のピクニック」同様ノンストップコメディー。面白かったけど、 「裸足」の方がよかった。
第6回青森映画祭。ゲストに矢口史靖監督。

●「 アトランタ・ブギ★★
山本政志監督、初めてみました。無国籍でパワーあふれる、なんて形容を よく耳にしていましたが、その通り。で、あまり面白くない。やりたいことは よおくわかりますが、予想通りでパワーがハミでてません。FMV−BIBL O登場、クレジットに富士通。
第6回青森映画祭。ゲストに主演の鈴木彩子。

●「 チンピラ★★★
チンピラの映画。水準いってるんですが、キャラクターや雰囲気がたけし の映画のようでした。というかおんなじ。たけしきらいじゃないからいいんで すが、でもやっぱりおんなじだよなあ。
第6回青森映画祭。

●「 誘拐★★★★
城戸賞の脚本がとてもよくできています。新ゴジラシリーズの監督ですが、 脚本がよければちゃんと面白くなりますね。冒頭もいいし、空撮もかっこいい です。えーい、うれしくなったんで星4つあげちゃおう。
FMV登場。クレジットに「FMV DeskPower」

●「 八甲田山−完全版−★★★
小学生の頃に一度観ました。オトナになってからの方が面白く観れますね。 「自然の美しさ」なんていうのはコドモにはわかりませんでした。バス停での 吹雪の待ち時間を思うと、よく撮ったなあ、と。完全版では高倉健の「八甲田 で見たことは言ってはならぬ」という公開当時のコピーが復活して2分長くなっ たそうです。
脚本橋本忍氏が飛行機欠航のため御家族の反対を押し切り御老体にむちうって 新幹線でやってきてくれました。おしゃれであやしい御老人といった風体。 「青森に来るのはこれが最後でしょう。映画祭等にももう出ることはありませ ん」とのこと。「幻の湖」観たいなあ。 170分。
第6回青森映画祭。製作・脚本 橋本忍。

●「 日本沈没★★★
原作にそれなりに忠実に作られてありましたが、でもやっぱり原作の方が 100倍面白い。なかなか楽しめはしましたけど。神戸の震災後だと中野昭慶 の特撮場面もリアルに感じられました。小松左京がチラリ。藤岡弘が濃ゆい濃 ゆい。
第6回青森映画祭。脚本 橋本忍。

●「 大地と自由★★★★
K・ローチのやたらとリアルな戦場。「リフラフ」とかのイギリスの物哀 しくも滑稽な労働者の姿もよかったですが、こっちもすごくいいです。「ウェー ルズの山」の無口な若者が主人公。

●「 スターウォーズI特別篇★★★
やっぱこれ面白いですね。エイリアン酒場の前後、結構場面増えてました。 特撮も臨場感あるからちょっとした粗は目立たないです。偉いなあ黒澤。

97年5月の収穫

●「 レリック
大好きな「カプリコン1」のP・ハイアムズはどうしちゃったんでしょう。 撮影監督もやってるけど撮影もだめ。画面もうるさいし登場人物もうるさい。 話はどうでもいいし特撮もどうでもいい。この前の「タイムコップ」といい、 あー、ほんとにP・ハイアムズどうしちゃったんでしょう。
クレジットにSilicon Graphics。

●「 マイケル★★
ちょっと意外な天使を作ってみました、って感じのほとんど意外でないファ ンタジー。J・トラボルタもA・マクドウェルもW・ハートもみんな昔みたよ うな役柄。監督N・エフロンは好きなんだけど、もちょっとがんばってほしい ぞ。

●「 ファースト・ワイフ・クラブ★★
まあ予想通りで、私はこの手のはもういいです。G・ホーンはさすがにと うがたってきました。私の嫌いな「ポリス・アカデミー」の監督。

●「 ザ・エージェント★★★
T・クルーズで、まあメロドラマなんですが、子役と相手女優がよくてな かなか楽しめました。しかしなんでこれがアカデミー助演男優賞?>C・グッ ディングJr.

●「 目撃★★★
豪華キャストに抑えた演出がよいです。ちょっとした佳作。イーストウッ ド、最近いい仕事してるなあ。

●「 ゆきゆきて神軍
オールナイトなので寝てしまいました。しかし、なんというか、やっぱ、 すごいわ。

●「 さようならCP
オールナイトなのでちょっと寝てしまいました。どうして原一男はこんな のが撮れちゃうんでしょうか。「星いくつ」とかいう評価はできないです。パ ンフレットの平岡正明がほぼ私の感想に重なります。ってそうそう手に入るも んじゃないか。> パンフ

●「 極私的エロス・恋歌1974
オールナイトなのでちょっと寝てしまいました。目が覚めたらあのクライ マックス?シーンでびっくり。い、いたい。

●「 ファーゴ★★★
最後、なんてことないのにじわーっときます。あまし見てないけど、コー エン兄弟の中では一番よい。

●「 シャロウグレイブ★★★
「トレインスポッティング」のダニー・ボイド監督作品。ラスト30分だけ 見たので、後でビデオ借りてみました。しゃきしゃきした演出が気持ちいい。 さくっと楽しめます。どぎついシーンもないではないですが。

●「 傷だらけの天使★★★
青森ロケ。坂本順二は初めてみました。なかなかよいです。トヨエツもい つものようにいやみったらしくなくて素直に楽しめます。みちのくプロレス見 にいこかな。

●「 スペースジャム
実写、アニメ合成のバスケットシーンを期待したけど、なんだかごちゃご ちゃでよくわかりません。オープニングなんかはつい乗せられてしまうのだけ ど。

●「 ロング・キス・グッド・ナイト★★
旦那R・ハーリンのおかげで、G・デイビスはもうこの路線だけなんです かね。一瞬だけどナイアガラの空撮がかっこよかった。「クリフハンガー」の オープニングとかR・ハーリンにはこういう場面が1つくらいありますね。

●「 イングリッシュ・ペイシェント★★★
J・シールの撮影がすばらしい。オープニングもいいです。で、なかなか よかったんだけど、なんで不倫しちゃうのかイマイチ説得力なし。オトコトオ ンナってそんなものなのかしら。

●「 すべてをあなたに★★★
未確認情報ですが「青春デンデケデケデケ」のリメイク。もしそうだとす るとやはりオリジナルの勝ち。でもこういうのは素直に楽しめますね。しかし 邦題なんとかしてくれんか。

●「 クロッシング・ガード
S・ペン監督。J・ニコルソン。ぱっとしません。退屈。

●「 スリーパーズ★★
やっぱりB・レビンソンだなあ。予想通りの甘々。予想通りの展開。だまっ てファンタジーとかほのぼのなやつ撮っていなさい。

97年4月の収穫

●「 ロミオ&ジュリエット★★★
これ結構いいです。シェークスピアのセリフそのままで現代劇。なんとも センスがよくてちょっと間違えると疲れそうな映像が心地よいです。シェーク スピアの原語があると楽しい。B・ラーマン監督の「ダンシング・ヒーロー」 も必見。

●「 デビル★★
またでたパクラ監督のポリティカルアクション。この監督、「大統領の陰 謀」と「ソフィーの選択」で終わってしまったのかなあ。H・フォードもブラ ピ君も脇の人達もいいんだけど、脚本が悪いのかさっぱり盛り上がらず。クラ ナドみたいなアイルランド音楽はよかったです。

祝シネマディクト開館。こじんまりしたミニシアターといった雰囲気。200 席くらいの「ルージュ」と50席くらいの「ノアール」のふたつがあります。音 響設備も DTS と SR 。こけらおとしの「ダンテズ・ピーク」を大音響で見ました。 ピントがきっちり合うということはこんなに気持ちいいことだったのか ^^;

97年3月の収穫

●「 グース★★★★
わかっちゃいるけどやめられない。つぼ押されまくりで泣きました。丁寧 な映像だけあればもうそれだけでよい。それにこれぐらいのお話がついていれ ばもう十分。とっても幸せな映画です。「ウインズ」のキャロル・バラード監 督。船とか飛行機がすきなのね。

●「 ダンテズ・ピーク★★★
ツイスターに続くCG災害映画。今度は火山ですが、結構いろいろなCG特撮 がでてきて楽しめました。話はあってないようなもの。ドッカーンと楽しみま しょう。

●「 新世紀エヴァンゲリオン−シト新生−
第1部 DEATH 第2部 REBIRTH となってますが第1部が映画の8〜9割を占め ています。で、その第1部が
    「テレビ版をぐちゃぐちゃにつなぎあわせただけのもの」
でした (-.-#)。ひどい。まったくもってひどい。最初の10分くらいかと思っ てたらずーーーっとテレビ版の絵と話が続きます。最後の15分くらい?が第2 部で、こちらは新しい絵と話。前売券にアイテムつけて1人に何枚も買わせた りして、ずいぶん盛り上げてたようですが、これでは愛想つかされます。夏に もう一本できるそうですが、そっちで「すべての謎が解き明かされる」とかい うんでしょうかねー。
まだこんな仕事しとるのか>アニメ業界

●「 魔法学園ルナ
5分くらいの短編アニメ。小さな女の子の魔法使いが悪いやつを退治する というファンタジーコメディ。こーーんなものの前にたーくさん紹介すべき短 編アニメがゴマンとあるのではないか角川、と思いました。

●「 マーズ・アタック!★★★
話は「インデペンデンス・デイ」と同じ。こっちの方が私はリアリティを 感じました。リサ・マリーのCGなんだかなんなんだか、がとってもコワくてす げー気持ちよかったです。
T・バートンは実写には興味ないのかな。このままつきすすんでがんばってほ しい。

http://www.marsattacks.com/

97年2月の収穫

●「 マイ・ルーム★★★
骨髄バンクのなんかで会社から前売券がもらえました。M・ストリープ、 R・デニーロ、L・ディカプリオ、D・キートンと芸達者が勢ぞろい。淡々と した映画で淡々と終わっちゃいました。あれ?って感じ。でも結構いかったで す。
ちょっと仕事のことが頭を離れました。

●「 身代金★★
「アポロ13」のロン・ハワード監督。この監督あまし好きじゃない。
うう。仕事のことが頭はなれず。

●「 痩せゆく男★★
S・キング。「フライトナイト」(ちょっと面白かった)のトム・ホランド 監督。なんかいつものキング映画って感じ。呪いとかってあまり入れない。こ の2週間で私も2キロ痩せました。
うう。仕事のことが頭はなれず。

●「 ラストマン・スタンディング★★
黒澤の「用心棒」のギャング版リメイク。かなりおんなじに作ってます。 三船が「ダイハード」のブルース・ウィリス、仲代が「デッドゾーン」のクリ ストファー・ウォーケン。まあ見なくていいでしょう。
うう。仕事のことが頭はなれず。

青森市の映画館みゆき座とミラノ座の2館が 1/26 をもって閉館となりまし た。建物の老朽化と採算がとれないためだそうです。池袋の文芸座といい、か なしいです。

青森市に新しく映画館が3館できます!1〜2年前になくなったポルノ映画館 がミニシアターとして復活、さらに青森市初の駐車場付きの映画館もオープン。 どっちもがんばってほしいものです。

97年1月の収穫

●「 パラサイト・イヴ
原作に輪をかけてそれはそれはひどいものです。脚本めちゃめちゃ演出お お笑い。試写会でしたが「金かえせ」と思いました。葉月ファン三上ファンは どうぞ観て下さい。

●「 クラッシュ★★★
でましたクローネンバーグの18禁映画。「ザ・フライ」の機械への偏愛と 「戦慄の絆」の医療器具フェチと「裸のランチ」のどよーんとした雰囲気が合 体。どこを取ってもクローネンバーグ。賛否分かれるでしょうけど、私は好き です。H・ハンターが脱いだりしてます。オープニングタイトルがかっこいい なあ。

●「 アンフォゲタブル★★
強引な設定で「ブレインストーム」する刑事物。R・リオッタの演技が血 圧あげます。

●「 月下の恋
コッポラ総指揮。「ドラキュラ」「フランケンシュタイン」に続く3部作 かどうか知りませんが、英国ホラー。監督が007のL・ギルバートつーのが 気になっていましたが、やはり。
格調高いはずの状況設定でまったく格調高くない演出が笑わせます。

●「 グリマーマン
おなじみS・セガールのアクション。そんなことを気にするような映画じゃ ないけど脚本がけっこうむちゃくちゃ。せっかくの格闘シーンもカメラがちゃ がちゃに揺らして全然わからん。何考えとるのでしょうこの監督は。

●「 フェノミナン★★★
ファンタジー=御都合主義と思ってて嫌いなんです。前半はどうにも甘っ たるい展開でイマイチ入れないんですが、私の好きなK・セジウィック、F・ ウィテカー、R・デュバルなんかがやっぱり良くて、結構泣いてしまいました。 トラボルタは最近さわやかなニヤケ顔ばかしでちょっと飽きました。K・セジ ウィックがいいぞ。

●「 イル・ポスティーノ★★★
まあまあ期待通り楽しめました。マッシモさんに合掌。


96年の作品については
ここクリック。

95年の作品についてはここクリック。

いしとの部屋へもどる