平井農園のこだわり

美味しいものを美味しいままに・・・

りんごに対する想いは誰にも負けない。産地は一流の産地。美味しさも一級品。
あとは流通が問題だ。いかに美味しいりんごを作るか。みなさんに喜んでもらえるりんごを作るにはどうするか、常に考え研究して日夜頑張っています。
美味しいものを美味しいままに皆様のお手元に届けたい。その一心でりんごを作っています。
樹の上で完熟させたりんごを収穫してすぐにお届けする。美味しいものをそのままお届けできたら、私どもは幸せです。



平井農園のりんごは減農薬有機栽培

農薬を使わずにりんごを作れたら・・・

これは誰しも思うことです。できれば私たちだって全く農薬を使わずにりんごを作りたいと思います。
夏の最中に合羽を着て炎天下で薬剤散布なんかしたくないのです。
現在の一般の畑では、農作物を育てるために農薬を使います。農薬を使わなくては市場にでているような、きれいで形のそろった玉の大きい農作物を作ることができないといっても過言ではないでしょう。
現在の市場流通においては外観第一主義なため、少しの傷も、病班も、生育不良も許されないのです。
そのため農家は、市場の要望に応えなくては生活ができないため、農薬を使わざるを得ないのです。
また少しでも病気が発生すると、十分食べられるものでうもほとんど商品価値がなくなってしまうため、たとえそれば病気にかかっていない農作物でも、予防的に定期的な薬剤散布が行われることが多いのです。
そして、一度農薬を使うと今度は農地の生態系が破壊され、それによってなおさら農薬を使わずには作物が作れない環境となってしまうのです。
しかし考えてみてください。私たち人間も病気の時には薬を使いますが、病気でないときには薬を使いませんね。いつもいつも病気にかからないように予防の薬を飲んでいると、かえって体の抵抗力がなくなって病気にかかりやすくなってしまうのではないでしょうか。
それと同じで、植物でも病気にならない丈夫な体を作ってやれば、薬をあまり使わなくても栽培が可能になるのではないでしょうか。
周りの環境を整えて、病気に負けない丈夫な体を作ってやれば自ずと健康な農作物を作ることができる。健康な植物からできた農作物は、本物のおいしさを持っているに違いない・・・そう考えて私たち平井農園は、減農薬有機栽培のりんご作りに取り組んでいるのです。

ボカシ肥料の作成

平井農園では、できるだけ自然に近い状態でりんご作り、見かけではない本物の味を重視した栽培を行っております。
そのため肥料は化学肥料を使わず、菜種粕、米糠、魚粕、カニ殻等にEM(有効微生物群)と炭を加え、ぼかし肥料としてりんごに与え、100%有機質で育てております。

天敵利用の防除体系

農薬についても、生態系を重視し、殺虫剤を使わず、クモ、テントウムシ、クサカゲロウ等天敵の活躍と、フェロモンによる交信攪乱によって害虫の密度を抑えるような栽培をしています。
病害については、生育初期の葉がまだ弱い時期の薬剤散布が中心で、必要最低限の殺菌剤の散布(今年度6回)にとどめるようにしています。
しかし残念ながら現在の状況では、りんごについては完全無農薬栽培というのはまだ技術的には難しいのではないでしょうか。


TOP プロフィール こだわり りんご 農園だより LINK