♪大人のハーモニー ここに集結・・・♪
ア・カペラコーラス ジョイントコンサート



 先日当ページでもアナウンスしておりました「ア・カペラコーラス ジョイントコンサート」は、予定どおり平成18年2月26日午後2時より、県民福祉プラザ内県民ホールにて行われました。
 当日は、リノスアンサンブル、proto−A、合唱団Apioの順番でそれぞれのステージを行い、最後に3団体合同のジョイントステージとなりました。
 この日の演奏曲目は下記のとおりです。



■リノスアンサンブル

1.サッカーによせて 谷川俊太郎 作詞  木下 牧子 作曲
2.ロマンチストの豚 やなせ たかし 作詞  木下 牧子 作曲
3.The Willow Song Shakespeare 作詞  R.Vaught Williams 作曲
4.O Mistress Mine Shakespeare 作詞  R.Vaught Williams 作曲
5.すばらしい仕事 深尾 須磨子 作詞  高田 三郎 作曲
6.九月 ヘルマン・ヘッセ 作詞  片山 俊彦 訳詞
萩原 英彦 作曲
7.Diaphenia (16世紀エリザベス朝時代の詩)
C.V.Stanford 作曲
8.The haven M.E.Coleridge 作詞  C.V.Stanford 作曲
9.Chillingham M.E.Coleridge 作詞  C.V.Stanford 作曲


■proto−A

1.FIRE,FIRE,MY HEART! Thomas Morley 作曲
2.「ペテロの涙」〜Vide Home,quae pro te patior LASSO 作曲
3.さびしいカシの木 やなせ たかし 作詞  木下 牧子 作曲
4.たんぽぽ 星野 富弘 作詞  木下 牧子 作曲
5.小さな空 武満 徹 作詞・作曲



■合唱団Apio

1.Ave Maria(4voices) Victoria 作曲
2.Ave Maria(8voices) Victoria 作曲
3.Innsbruck,ich mus dich lassen より
  ・Innsbruck,ich mus dich lassen Heinrich Issac 作曲
  ・Innsbruck,ich mus dich lassen(男声) Heinrich Issac 作曲
  ・Ach Lieb,ich mus dich lassen(女声) Leonhard Lechner 作曲
  ・Nun ruhen alle Walder J.S.Bach 作曲
  ・Innsbruck,ich mus dich lassen Carl Orff 作曲



■合同ステージ

1.さびしいカシの木 谷川俊太郎 作詞  木下 牧子 作曲
2.めばえ みずかみ かずよ 作詞  木下 牧子 作曲
3.夜の歌(アンコール) 阪田 寛夫 作詞  佐々木 伸尚 作曲
4.大地讃頌(アンコール) 大木 惇夫 作詞  佐藤 眞 作曲


 ここではApioと合同合唱についてお知らせします。演奏曲目はアンサンブルコンテストでも演奏した、ヴィクトリアのアヴェ・マリア(4声、8声)に続いて、イザーク作曲「インスブルックよさようなら」の原曲からさまざまなヴァリエーションを取り上げました。
 ヴィクトリアの8声のアヴェ・マリアでは、当時の教会での演奏様式をまねてステージ両脇に2群に分かれて配置しての演奏でした。

 これまでこのような配置で演奏したことがなかったので、面白い試みでした。演奏終了後、8声の豪華な響きが会場を包んだ瞬間は、なかなかよかったです。客席からため息まじりに「すごい」の声も出ました。

 つづいての「インスブルックよさようなら」シリーズ、オリジナルのイザークから時代が新しくなるように構成され、最後のオルフでは「なんじゃこりゃ?」というようなハーモニーに(って、オルフらしいんですけどね)。最後にもう一度イザークを歌ってApioのステージは終了。なかなか楽しい演奏でした。

「インスブルックよさようなら」の演奏風景




合同ステージ。3団体ともなれば人数も沢山!



[トップページに戻ります]