<だからみんな好き>

作詞・作曲 若山真一(第1回:佐井村)                       

 

1・肩を抱きあって歌った歌を ひとつになって歌った日々 

楽しかった時ばかりじゃないさ 悲しい時もあった 

涙を流した夜も 思い出のひとつになった夜    

なげやりの時もあったはずさ でも何かを求めていた

※愛を求める心よりも 人を信じる心をくれた     

だからみんな好きさ 心を開いてくれるものネ   

だからみんな好きさ だってやさしいもの※    

  

2・涙を流して歌った歌も 心の中のひとつの灯(ともしび) 

新しい出会いふれあいの中 語り続けた夜      

どんなに遠くにはなれていても 心の中はみんな同じさ

これから始まる旅立ちなのさ 青春を燃やそうよ   

 

みんな仲間の意識の中で 心のやすらぎを与えてくれた

だからみんな好きさ 心を開いてくれるものメ@   

だからみんな好きさ だってやさしいもの      

 

※ (くりかえし)

 

青森県青年の船の会TOP 青森県青年の船のページ 戻  る