平成17年度 第3学期期末 「生物TA」 考査問題
間に合うかな???まんず頑張ってケロー!! bunbun (2006/02/02)

問題1 次の各問の選択肢から1つ選びなさい。
  1)遺伝とは何が親から子へと伝えられる現象なのでしょう。
   1.:型式、2.:型質、3.:形質、4.:形体、5.:特性

2)遺伝の法則は誰によって発見されましたか。
   1.:フック、2.:ダーウイン、3.:モホロビチッチ、4.:メンデル

3)親とまったく同じ形質を持った子孫だけができるグループを何といいますか。
    1.:純形、2.:順種、3.:純系、4.:雑系、5.:雑種

4)親と違う形質を持った子孫が混じるグループを何といいますか。
   1.:雑形、2.:混形、3.:対立、4.:雑種、5.:異型

5)赤い形質と白い形質は一対のものですが、これらを何形質といいますか。
   1.:花色、2.:対立、3.:相同、4.:対合、5.:ペア

6)赤の純系と白の純系からできた種子の花は、すべて赤くなりました。赤の形質と白の形質とでは、白の形質のほうが負けて現れてきませんでした。

   1.:赤いほうの形質を何形質といいますか。
       a)赤系、b)優勢、c)対立、d)優性、e)強性
   2.:白いほうの形質を何形質といいますか。
       a)白系、b)劣性、c)対立、d)弱性、e)劣勢

7)同じ形や大きさをした一対の染色体を何といいますか。
   1.:対立染色体、2.:同形染色体、3.:相対染色体、4.:相同染色体

8)生物の体を作っている細胞の染色体数は、通常何個ですか。
   1.:奇数個(n)、2.:偶数個(2n)、3.:決まっていない

9)生殖に関係する精子や花粉、卵や胚嚢などの配偶子の染色体数はどのように書かれますか。
    1.:n、2.:2n、3.:3n、4.:nn

問題2 下の文中の( )に適語を記入しなさい。
   ナミバアサガオの花の色について、赤色になる形質と白色になる形質のように互いに対をなす形質を(1 )といい、それらの元になる対になっている遺伝子を(2 )といっている。

 遺伝子を表す記号を遺伝子記号というが、通常アルファベットの1字をあてて表現し、(3 )の遺伝子を大文字で、(4 )の遺伝子をその子文字で表わしている。この記号は普通AA・Aa・aa・AaBBなどのように、一つの形質についてアルファベットの2文字を並べて書くことが多い。
 これは細胞中の(5 )にある染色体が(6 )を除いて一組の相同染色体になっていることによる。一組の相同染色体の上にAA・BB・aaなどのように遺伝子が並んでいる場合を(7 )といい、Aa・Bbなどのように並んでいる場合を(8 )といっている。

 また、AA・Aa・aa・AaBBなどのような遺伝子記号の組合せを(9 )といい、個体の上に現れて見た目で判断できる形質を(10 )といっている。

問題3 次の各問に答えなさい。
  (1)次の遺伝子型をもつ個体からできる生殖細胞(配偶子)は何種類か。

   1)Aa 2)  AaBb   3)AaBbCc   4)XXwwVVuuTT

(2)次の遺伝子型を持つ個体を自家受精させた時に生じる表現型と分離比を書きなさい。

   1)AaBb   2)AABbCc   3)AaBbCcDd

問題4 エンドウの種子の形と子葉の色について実験をしました。それぞれの遺伝子記号を『丸=R・しわ=r・黄=Y・緑=y』として、次問に答えなさい
1)次の遺伝子型を持つ個体の表現型を答えなさい。

ア)RRYY イ)Rryy ウ)rrYy エ)rryy オ)RrYy

2)交配実験をしたら次代の表現型の分離比が下のようになった。上記1)の表現型を参考にして各々の個体の遺伝子型を答えなさい。

カ)もどし交雑をしたら、丸黄:丸緑:しわ黄:しわ緑=1:1:1:1になった。

キ)自家受精したら、子供は全て『丸黄』になった。

ク)自家受精したら、子供は『丸緑:しわ緑=3:1』になった。

ケ)自家受精したら、子供は『しわ緑:しわ黄=1:3』になった。

コ)RrYyと交配したら、丸黄:丸緑:しわ黄:しわ緑=9:3:3:1になった。

問題5 遺伝に関して、次の各問に答えなさい。
問1、両親をそれぞれAABB、aabbとして、AaBbを作り、次にaabbとF1とを検定交雑(もどし交雑)したところ、その表現型の分離比は次の3通りになった。
  1)第1群 [AB]:[Ab]:[aB]:[ab]=1:1:1:1
  2)第2群 [AB]:[ab]=1:1
  3)第3群 [AB]:[Ab]:[aB]:[ab]=7:1:1:7

この場合、各群は下のどれに当たるのか。記号で答えなさい。

 ア:独立遺伝である。
 イ:突然変異が起こっている。
 ウ:遺伝子ABとabはそれぞれ連鎖いて、組み替え(乗り換え)は行なわれていない。
 エ:遺伝子ABとabはそれぞれ連鎖いて、組み替え(乗り換え)が行なわれている。
 オ:遺伝子はおのおの独立しているが、遺伝子の一部に乗り換えが行なわれている。


問2、図は、ある動物の純系どうしを交配して得たF1(AaBb)を摸式的に示したものである。下の各問に答えなさい。尚、「‖」や「|」は染色体を表わしている。(カ−ケで答えなさい)

  (カ)       (キ)      (ク)       (ケ)
 ‖ ‖     ‖ ‖     ‖ ‖      ‖ ‖
 A  a | |  A  a ||   ‖ ‖| |  A  a  ||
 ‖ ‖ B b   ‖ ‖||   ‖ ‖ A a   ‖ ‖  ||
 ‖ ‖ | |  b  B||   b B | |  B  b  ||
 ‖ ‖     ‖ ‖     ‖ ‖      ‖ ‖

4)独立の法則が適用されるF1は、図のどれか。

5)あるF1に二重劣性aabbを交配したところ、
  [AB]:[Ab]:[aB]:[ab]=9:1:1:9になった。そのF1はどれか。

6)あるF1に二重劣性aabbを交配したところ、
  [AB]:[ab]=1:1になった。そのF1はどれか。

7)あるF1に二重劣性aabbを交配したところ、
  [AB]:[Ab]:[aB]:[ab]=1:8:8:1になった。そのF1はどれか。

8)あるF1に二重劣性aabbを交配したところ、
  [AB]:[Ab]:[aB]:[ab]=1:1:1:1になった。そのF1はどれか。

9)あるF1の生殖細胞について交叉率(組み換え率)を計算したところ、50%になった。そのF1はどれか。

10)上記4)〜9)から判断し、交叉していないF1はどれか。

シンプルな無料カウンター素材と広告のない無料レンタルカウンターの「pitacount」 index