ポケットボードを使ってみたいのですが


●ポケットボードって?

ポケットボードとは、いろいろなメールを気軽に楽しみたい方のためのメール専用ツールで、NTT移動通信網(NTTドコモ)が販売しています。
名前の通り、ポケットに入るような大きさなので、いつでも、どこでも持ち歩き、電子メールの送受信ができます。

「電子メールをやりたい。でも、パソコンは高いから手が出ない・・・。」
こんな方にはポケットボードは持ってこいですね。

パソコンに比べると、機能は劣るものの、コンパクトでオシャレなデザインかつ低価格、ポケットベルの感覚で使えるので若者層に受けています。
省略して「ポケボ」と呼ばれているようです。

●ポケットボードでできること

ポケットボードは、10円メール、ショートメール、ポケベルにメッセージを送信することができます。
Eメールを使っている人とは「10円メール送受信機能」、ポケベルを使っている人には「ポケベル送信機能」、携帯仲間には「ショートメール送信機能」と多彩な使いこなしが可能です。

ここで、「10円メール」「ショートメール」について簡単にご説明しましょう。

  • 10円メール
    1回10円でインターネットメールが送受信できるサービス。
    ドコモとマスターネットが共同開発したもので、利用するにはデジタル携帯電話、マスターネットの会員登録などが必要となります。
    マスターネットとの会員登録が済むと自分の電話番号でメールアドレスが与えられます。
    アドレスに自分の名前をつけることもできますが、有料(2年毎に300円)となります。
  • ショートメール
    携帯電話のディスプレイに文字メッセージを届けるサービス。
    電波の届かないときや電源を切っているとき、通話中でも、ショートメールセンタが文字メッセージを保存。
    ショートメールセンタは都道府県に設置してありますので、月額100円で全国のサービスエリア内(青森も大丈夫!)ならどこからでも利用できます。
    受信できる文字数は、最大50文字の漢字・ひらがな・カタカナ・英字・数字・記号の文字メッセージです。

携帯電話でメッセージを作成するのに慣れていない方でも、ポケットボードなら普通にワープロを使ってメールを書く感覚でメッセージを作成できます。メッセージを作成したら、ポケットボードに組み込まれている接続ケーブルにデジタル携帯電話を繋いで送信するだけ。
残念ながら、ポケットボードはNTTドコモのデジタル携帯電話のみでの利用となっています。

メールの送受信は、テキスト情報のみです。ポケットボードには170個の絵文字が入っているので、絵文字を上手く活用して楽しいメールを作りましょう。

内蔵の「ジャガジャガじゃんけんゲーム」でコニーちゃんと遊ぶこともできます。

また、ショートメールサービスに加入すると、ポケットボードへのメール着信をショートメールで教えてくれるようになっています。

●価格と通話料金

次に気になるのは価格と通話料金。ポケットボード本体は12,800円
通話料金は、10円メールは1回10円ショートメールは、メッセージセンタまでの通話料金
ポケベル送信は、今までポケットベルにメッセージを送っていた料金と同じです。

[ご参考]

PHSと繋いで簡単に電子メールを送受信できる「パルディオ・Eボード」もあります。
パルディオ・Eボードとポケットボード間のメールの送受信も可能です。

●メールもやり取りしたいし、ホームページも見たいなら?

ポケットボードはメールを楽しむツール。でも、インターネットでホームページも見たいとなると...
手書きのメモ等が添付できる電子メールが利用できて、スケジュールやアドレス管理もOK、ホームページも楽しみたい、という場合は、携帯情報端末の「コミュニケーションパル」や「ザウルス アイゲッティ」もお勧めです。

インターネットプロバイダが特定のところに限定されていないし、オプションソフトを利用するとパソコンとのデータ連携も可能です。

  コミュニケションパル ザウルス アイゲッティ
文字入力 キーボード ペン入力
通信速度 デジタル携帯電話(9,600bps) デジタル携帯電話(9,600bps)
PHS (32Kデータ通信)
対応電子メール インターネットメール/10円メール
標準価格 38,800円(税別) 38,000円(税別)

ただし、画面はカラーで、情報をプリンタに印刷したい、といった場合はやっぱりその先を行くパソコンで、ということになるでしょう。


戻る