その他の小部屋

<めまい(良性発作性頭位変換眩暈症)>

めまいと一口で言っても,その症状も色々で,原因も色々です。原因の病気が色々あるものですから担当する科も,耳鼻科, 脳神経外科,神経内科,循環器内科,精神科など色々な科にまたがります。色々な科の病気があるので,医者も頭がまわるというか,目が回りそうになります。

めまいは回転性めまい非回転性めまいに分けられ,回転性めまい起こすメニエール病は一般の人でも 知ってる人がいるぐらい有名な病気です。しかし,それ以上に頻度の多い良性発作性頭位変換眩暈症(BPPV)は意外と知られていません。
良性発作性頭位変換眩暈症は耳鼻科の病気ですが,日常の診察でよく遭遇する病気ですので紹介したいと思います。

1.めまいの種類

めまいの分類も色々ありますが,症状から分類するとめまいは次の2つに分かれます。
1.回転性めまい
天井がぐるぐる回る,あるいは景色が流れて見えるというような訴えをする「めまい」です。この時,眼球は小刻みに動いておりこれを眼振と言います。
回転性めまいは,良性発作性頭位変換眩暈症,メニエール病など耳鼻科の病気でみられる事が多いです。しかし,小脳や脳幹部の梗塞,出血でもみられ る事がありますので注意が必要です。
2.非回転性めまい
非回転性めまいはさらに次のように2つに分けられます。
1)「ふらふらする。ふわふわする。」というめまい。
2)「目の前が暗くなる。立ちくらみする。」というめまい。

2.めまいの原因

1.耳鼻科
良性発作性頭位変換眩暈症,メニエール病,前庭神経炎など
2.脳神経外科
椎骨脳底動脈循環不全,脳梗塞,脳出血,脳腫瘍など
3.神経内科
脊髄小脳変性症,多発性硬化症など
4.循環器内科
不整脈,低血圧など
5.心療内科,精神科
不安神経症,自律神経失調症など
6.その他
貧血(血がうすいこと),更年期障害,頸椎症など

このように,めまいの原因は多種にわたり,診断がむずかしい場合もあります。

3.良性発作性頭位変換眩暈症

回転性めまいとして日常の診療でよくみられるのが良性発作性頭位変換眩暈症です。
良性発作性頭位変換眩暈症は,内耳の卵形嚢の耳石が三半規管に迷入することにより起こると言われています。

1.症状

良性発作性頭位変換眩暈症のめまいには,次のような特徴があります。
1.体位変換でおこる回転性めまい。
2.持続時間が短い(長くて30秒ぐらい)。
3.慣れの現象が起こる。

「朝,急に起きたらぐるぐる目が回った。あるいは寝返りうったら目が回った。頭を動かさないでいるとめまいがおさまるが,動かすとまた目が回る。 吐き気がして吐きました。具合悪くて動けなかったのですが,朝からしばらく寝ていたらいくらかよくなってきたので病院に来ました。」この様な感じで患者さんは受診します。
ベットに横になってもらい,首を左右前後に動かすとある方向に動かしたときめまいを起こします。 そして,何度も繰り返しているとめまいの症状が軽くなる慣れの現象がおきます。

2.鑑別診断

回転性めまいをおこす病気を鑑別診断する必要があります。良性発作性頭位変換眩暈症は,生命に関わる病気ではありませんが 小脳,脳幹部の出血,梗塞は,生命に関わりますので注意が必要です。
1.メニエール病
メニエール病も同じ回転性めまいですが,耳鳴り,難聴の耳の症状を伴う病気です。安静にしていてもめまいが起こり数時間続いたりします。
2.小脳,脳幹部の出血,梗塞
一般的には,持続する回転性めまいに小脳や脳幹の神経症状(呑み込みにくい,ろれつが回らない,口の周りがしびれる,手足の麻痺など)を伴います。
小脳出血の典型例では,突然の回転性めまい,頭痛,嘔吐がみられます。
しかし,小脳,脳幹部の出血,梗塞の中には,神経症状を伴わず区別が非常に難しいもの(悪性持続性頭位眩暈症)もあり,場合によっては専門の脳神経外科の診断を受ける必要があります。

3.治療

良性発作性頭位変換眩暈症は,生命に関わる病気ではありませんのでめまいが強くても心配しないでください。 何日かすればめまいの発作は治まります。なかなか治まらない場合やたびたび繰り返す場合は,下記のような理学療法を行う方法もあります。
1.薬物療法
鎮静剤,制吐剤,重炭酸ナトリム,抗ヒスタミン剤など対症療法として使われます。
2.理学的療法
座ったり,横になったり,顔を傾けたりして三半規管に迷入した耳石を移動させて,もとの卵形嚢に戻す方法や耳石を拡散させるいくつかの方法があります。
@エプリー法
三半規管に迷入した耳石を移動させて,もとの卵形嚢に戻す方法。
Aブラント・ダロフ法
耳石を三半規管内に拡散させる方法。
例(左耳を下にすることによりめまいが起こる場合)
1)正面を向いて座る。
2)左側臥位になる。
3)正面を向いて座る。
4)右側臥位になる。
5)正面を向いて座る。
ひとつの姿勢は30秒あるいは,めまいが治まるまで続ける。
姿勢を変える時は,すばやく行う。
1)から5)までを1回として,朝20回,夕20回行う。
右耳を下にした時,めまいするときは2)は右側臥位から始め,4)は左側臥位をとる。

理学的療法の詳しい方法は専門の耳鼻科のホームページを参考にしてみて下さい。


トップページ

診察室のトップページ

診察室の各部屋
「その他の部屋」へ戻る
心臓の部屋 肺の部屋 胃腸の部屋 食事の部屋 自己分析の部屋 検査の部屋 食べ物のクイズ その他のクイズ